広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« アンデルセンと小谷サービスエリア | トップページ | 政治家は詩人でなくてはならない »

2011年3月 6日 (日)

清 キヨ・マサ

清、キヨ・マサは、流川の新楽天地公園に面した古いビルの1階にある。
看板もなければ、ネットで検索しても載っていない。

古いビルの壁面の50CM位前に、薄茶色の土壁のような感じの壁が立てられ、そこに畳一畳ほどの大きさの穴が開けられ、それが入口になっている。
その壁の一部が20CM×10CM位が大きさにくり抜かれ、そこに小さな行燈がおかれ、「清」と書かれている。
近づいてみなければ、照明としか思えないような看板だ。
入口をくぐり、ちょっと横にそれると格子の玄関がある。

以前から前を通るとき、何の店かなーと、気になっていた。
なんのお店か外から見ただけでは全くわからない。

一見さんは、ちょっと入りにくい雰囲気がある。

たった50CMほどの隙間を利用して、茶色の壁を作っただけで、全く違ったお店の雰囲気が作りだされている。
なんとも不思議でもあるが、その巧みさに感心する。

0_3

先日、懇親会の後、友人を誘って、入ってみた。

中に入ると、大きな分厚い板カウンター席があり、ガラスのケースの中に魚の大きな切り身が並べられている。
これもちょっと普通の寿司屋とは違う。
カウンターの中には、鉢巻をし、白い作業衣を着た男性がいるので、ようやくここが寿司屋だということがわかる。

大きなカウンターの木は銀杏だという。
ヘーッ、そんなのがあるだと、ちょっと驚いた。

個室もある。

聞けば、リニューアルしてからもう2年近くたち、オーナーの桑原さんは、先代の時代からだとここで20年以上修業し、跡を継いだのだという。

もう他で食事をしてきた後なので、アン肝をちょっとあぶってもらい、広島産の冷酒を飲んだ。
刺身もちょっと現代風というか、粋な並べ方だ。。
美味い。

ここにも広島らしい文化があった。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« アンデルセンと小谷サービスエリア | トップページ | 政治家は詩人でなくてはならない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50971518

この記事へのトラックバック一覧です: 清 キヨ・マサ:

« アンデルセンと小谷サービスエリア | トップページ | 政治家は詩人でなくてはならない »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30