広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« オリンピックとワークショップと1,000億円 | トップページ | スターバックス 広島NHK店 »

2011年3月31日 (木)

戸建て住宅の太陽光発電

福島原発の事故があってから、2週間、今度は放射能で水道水まで汚染され、水のペットボトルが即座に売り切れてしまったそうだ。
広島でも翌日の朝には、スーパー、コンビニ、どこにいっても、ペットボトルが売り切れて、なかった。

問題は、だから原発はもう作らない、ということで済むのかだ。
日本の電力の3割は原発だという。
原発を止めたら、相当に不自由な生活を強いられる。

今でも、東京は電力が足りないと大騒ぎだ。
電車は間引き運転で大混雑となり、工場は操業が滞り、病院では手術にも差し支えるような状況が起きているという。

原発に代わる発電システムはありえるのだろうか。
そんなの無理だ、だから、やっぱり原発は必要だから作るべきだということで結論づけるのでなく、なんとかする工夫する余地はないものだろうか。

私の友人が家を新築し、ソーラーパネルが発電を開始して2週間、その結果を公表してくれた。

001

晴れの日ばかりではないが、楽に電力自給率は100%を維持している。

現在、国の政策で売電価格は買電価格の倍以上の価格となっているから、今のペースでいくと、ソーラーパネルは5年で償却し、6年目からは年間に50万円ほど稼ぐ計算になるという。

凄い。
これだけでも充分魅力的だが、そこで議論を終わらせては勿体ない。

北九州市のある工場は、石油による自社発電で充分自社の需要は賄い、九州電力に売電までしている。
それは、今回のような事故を想定してはなく、単純にその方が安いからだ。

こうしたケースをみると、
それぞれの工場、企業、家庭がそれぞれに小さな発電システムを設け、それをネットワーク化していくというようにすれば、案外、原発のように、ドカーンと大きな発電所を作らなくてもやっていけるのではないだろうか。
こうしたネットワークシステムを、今はやりの言葉でいえば、スマートグリッドということになるのだろうか。

コンピュータだって、ついこの前まで、
IBM360等の巨大なコンピュータが世界を覆い、IBMが世界を牛耳るのはないかとまでいわれた。

それがあの小さなパソコンのネットワークにとって変わられた。
同時にそれは、ネット社会という全く次元の違った情報社会を生み出した。

日本が世界で一番のコンピュータを目指す中で、アメリカ軍は日本製のゲーム機を並べて、スーパーコンピュータを創ってしまった。

ソーラー発電も馬鹿にしてはいけない。
友人のお宅のソーラーパネルと蓄電のシステムは、それだけのレベルになっているということを、教えてくれたようだ。

こうした日本にある素晴らしい技術が、一部の既得権を持った企業に潰されることのないよう、育てていって欲しいものだと改めて感じる。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« オリンピックとワークショップと1,000億円 | トップページ | スターバックス 広島NHK店 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

発電だけでなく蓄電の技術の向上も必要てすね。破棄される夜間電力を有効利用するためにも。
ソーラー発電の買い取り代は、4月から電気料金に加算され、ソーラー発電をしていない利用者の負担になります。
なんかな~?と感じます。

やんじさま

コメントありがとうございます。

ソーラー発電の買い取り代が、ソーラー発電をしていない人の負担になる?
ショボイことをやりますね。

蓄電池の技術の向上も必要でしょうし、送電の仕組みの向上も必要でしょうね。

そうした様々の技術を総合的に活用するための技術を向上させようというのが、スマートグリッドという考え方なのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/51244508

この記事へのトラックバック一覧です: 戸建て住宅の太陽光発電:

« オリンピックとワークショップと1,000億円 | トップページ | スターバックス 広島NHK店 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30