広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 住み開きと新しいコミュニティーの形成 | トップページ | 新聞休刊日を止める・夕刊を止める? »

2011年2月28日 (月)

ワインとチーズを味わう会

ホテルサンルート広島のロビーサイドのバーでワインとチーズを味わう会が開かれた。
2月7日、PM7:30から9:00まで。
出席者は15~6人。
その殆どが女性客だ。

私の座ったテーブルは5人の内4人が男だったが、皆初めて会う人たちだ。
仕事とは何の関係がない人たちだ。
当然、名刺の交換もしない。

0_3

サントリーの森田さんから、あの数万円もするロマネコンテはピノ・ノワールという葡萄を使っているとか、リースリングはドイツの白ワインに使われているとかの話があった。
チーズとの組み合わせはどのワインとがいいとかいうような話もあった。

ナチュラルチーズはチーズを作りあげた菌や酵素がいきているチーズで、時間の経過とともに外観、味わいが変わっていくが、プロセスチーズはナチュラルチーズを粉砕、加熱、溶解しているので、味わい等に変化がなく、保存性に優れているなんて、結構初歩的なことを知らないということを知った。

私は、大体チーズは今まで美味いと思ったことがなかった。
ギリシャに行った時、山羊のチーズの臭いのに参ったことがあって以来、どうもそれがトラウマになっていたようだ。

以来、マカロニグラタンとか、チーズの塊のような料理には、醤油をかけて食べると結構美味いということを知ってから、チャンスがあればだが、醤油下さいなんてことをいっている。
海外旅行に行く人には、醤油のパックを持って行けと勧めてもいた。

今回、いままで絶対に食べなかったブルーチーズも、こうしてワインと一緒に食べると意外と美味いというのも知った。

この店のオーナーの来海氏の実家から送ってきたというラッキョウとワインの相性がいいのにも驚いた。

イタリアの食前酒アぺロールに始まり、チリのワイン、カルフォルニャのワイン、ブルゴーニュのワインと、世界中のワインを飲み、それにブイリヤ サヴァランとか、ブルードーヴェルニュなんてチーズを食べるなんてことは、日本だから、できることだろう。
フランスやイタリアでは、大体その土地でできるワインしか飲まないという。

可笑しい。

こんな会に参加するのも、たまには面白い。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 住み開きと新しいコミュニティーの形成 | トップページ | 新聞休刊日を止める・夕刊を止める? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50885661

この記事へのトラックバック一覧です: ワインとチーズを味わう会:

« 住み開きと新しいコミュニティーの形成 | トップページ | 新聞休刊日を止める・夕刊を止める? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30