広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 南一誠さんの「広島市民賞」受賞は広島歌謡界の励み | トップページ | 老後はもう古い? »

2011年2月14日 (月)

酔っ払いの鍵探し

ある夜、ひとりの酔っ払いが暗闇の中で鍵を落とします。それに気が付き、その酔っ払いは這いつくばって落とした鍵を探します。

街灯の下で這いつくばっている酔っ払いに気づいたお巡りさんが「何をしてるのですか」と聞きます。酔っ払いは「鍵を落としたので、探しているのですよ」と答えます。

お巡りさんは「この辺りで鍵を落としたのかね」と聞くと、酔っ払いは平然として「いや、鍵を落としたのは向こうの暗闇なのですが、向こうは暗くて何も見えません。だから明るいこちらで鍵を探しているのです」と答えます。

これは、アラブ起源の言い伝えらしいのですが、経済学という学問への姿勢を示唆する寓話として、シュービックやモンブリアールによって紹介され広められたものです。

アラブでの本来の使い方は知りませんが、経済学では、多くの学者が数学的に定式化し分析の出来ている事象(=光が当たっている問題)には取り組んでいるが、本当の問題は、その光のあたらない別の場所にあるという意味です。

そして、2月4日の広島市の定例会見で秋葉忠利広島市長が引用されたものです。

ただ、記者クラブの芸能レポーターさん達には少し難しい例えだったようです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 南一誠さんの「広島市民賞」受賞は広島歌謡界の励み | トップページ | 老後はもう古い? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50819906

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っ払いの鍵探し:

« 南一誠さんの「広島市民賞」受賞は広島歌謡界の励み | トップページ | 老後はもう古い? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30