広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 街をつなぐー広電の駅前大橋ルートと二葉の里駅 | トップページ | マスコミ報道を検証する »

2011年2月 4日 (金)

2月4日の広島市長の記者 会見について

秋葉忠利広島市長が退任の記者会見を適切な時期に開くこと、選挙の出馬・不出馬についての記者会見は開かないことについて、広島市のホームページでは以下のように説明しています。

 平成23年(2011年)1月25日及び26日に、市長が「退任の会見をしない」という報道が一部報道機関によりなされました。このことについて、本市の考え方を御説明します。

  「退任」とは、地方自治法の規定に基づく任期が満了し、任務を退くことですが、この任務を退くに当たり、市長が記者会見をしないことはありません。任期中の職務を全うし、その総括を含めて3月下旬か4月上旬頃に会見することが適当であると考えています。

 また、市長選挙への出馬・不出馬の表明については市長の公務ではありません。そのため、4選不出馬に関して、市長の公務としての記者会見を行うことは不適切であると考えています。

 市民の皆様には、本市の考え方を正確に理解していただきたいと思います。

ところが、マスコミは未だにこの文章が理解できないようです。
マスコミの見出しは未だに「退任会見拒否」です。

そして、今日2月4日(金)午前10時30分から定例会見が行われました。
内容は以下の通りです。

内容
  市からの発表案件
  ・ひろしまコミュニティサイクル社会実験について
  ・市民体験農園・市民菜園・市民農園の利用者募集について

  市政記者クラブからの代表質問
  ・市長選不出馬について
  ・オリンピックについて

会見の全てをインターネットのライブ中継で見ましたが、これまでのニュースを見る限り、いかにマスコミが肝心なことを何も伝えないかが良く分かります。
市長と市の職員が1時間近くの時間を使って会見を開いても、マスコミは市からの発表案件については1秒たりとも、1行たりとも伝えていません。

定例記者会見は広島市と記者クラブの共同開催ですが、市民生活に関係の深い市からの発表は完全に無視して、自分たちの言いたいことだけ取り上げるのでは、共催という意味は全くありません。

まさに税金の不適正使用です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 街をつなぐー広電の駅前大橋ルートと二葉の里駅 | トップページ | マスコミ報道を検証する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50773871

この記事へのトラックバック一覧です: 2月4日の広島市長の記者 会見について:

« 街をつなぐー広電の駅前大橋ルートと二葉の里駅 | トップページ | マスコミ報道を検証する »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30