広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 畳の張替 | トップページ | プリントバッグ »

2011年1月11日 (火)

ど根性リンゴ

長野県佐久市のリンゴ農家が7月に降った雹(ひょう)の被害に遭って傷つきながらも立派に実をつけたリンゴを「ど根性リンゴ『ドコリン君』」と銘打って売り出した。
郷里の農家の窮状を知った友人が取り寄せ、お裾分けを頂いた。

佐久市の望月地区は7月に降った雹に当って傷つき落下してしまう大きな被害を受けた。
傷つきながらも最後まで頑張って実った根性のあるリンゴと言う意味で『ドコリン君』が名付けられた。
商品として市場には出荷できないが、味は変わらない…と自信を持っての提供です。

佐久市では7月1日に、広範囲に直径1センチの大きな雹が降り、望月地域では18㌶が被害を受けた。この地区では例年540トンの収穫がある有数の産地ですが、ほぼ全滅状態の被害が出た。
傷ついて選果の手間がかかる一方、加工用では価格が安くなってしまう。
市や農家が「収入につなげられないか」と検討し、目を引く商品にしようと、傷の少ない物を「ど根性リンゴ」と名付けて売り出す事を決めた。
シールを張って色付かせ「根性」の文字を入れたリンゴも用意した。
絆創膏張ったリンゴのキャラクターも考案した

1_6

私も頂いた直後、早速食べてみた。味は一級品です。リンゴ農家のご努力が少しでも活かされるならこうした取り組みは全国的に波及する事が期待される。

この冬の間現地の直売所で販売されているが、電話注文も出来る。

価格はよく判らないが、市場価格の半分にも満たないかも知れない。しかし、農家にとっては加工品に回すより佳いのだろう。全国から一つでも二つでも注文があれば農家の元気に繋がるエールになる。

問い合わせ:佐久市望月支所<0267-53-3111>

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 畳の張替 | トップページ | プリントバッグ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50453165

この記事へのトラックバック一覧です: ど根性リンゴ:

« 畳の張替 | トップページ | プリントバッグ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30