広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« スマートハウス 各戸が発電装置を持つ? | トップページ | AGRI »

2010年12月 5日 (日)

使いやすいバス→楽しいバス

先日、東京から来た友人が、
「このバス停はどうなっているの?
どのバス停から乗ればいいのか、さっぱりわからないじゃないか。
これじゃ、とてもバスに乗る気にならないよ」といっていた。

「広島市の都心交通対策実行委員会で、発行しているバスの案内マップを見ても、ますます混乱するだけだ。
とても見る気にならない」と嘆いていた。

1_5

私も広島に住んで、随分になるが、路面電車は良く乗るが、バスは、空港へのリムジンバス以外は、ほとんど乗ったことがない。

どうもバスは好きになれないということもあるが、それにしても、このわかりにくさには、ちょっと呆れた。

誰もが同じように感じるようで、
2003年には広島電鉄、広島交通、広島バス、中国JRバスが中心になり、広島市、国交省と一緒に「使いやすい公共交通推進委員会」が作られ、いろいろ研究がされてきたという。

それ以降、バス停、バス路線の解りにくさ、使いにくさは、いく分は改善されたのだろうが、この状況をみるとまだまだと感じがする。

わかりにくさだけが理由ではないと思うが、
広島市内のバス利用客は1991年頃までは1日30万人くらいの利用客があったのが、以降毎年減少傾向にあり、2002年には1日18万人程度と、ほぼ半減している。
それ以降も、多分この減少傾向は止まっていないと思われる。

郊外のバス路線では「赤字だからと、便数が減らされ、便数が少ないから不便だと、住民が減り、乗る人が更に減る」という負のスパイラルに陥っている。

通勤路線のバスについては、渋滞による時間が不安定だということに対しては、バスの専用レーンを設けたりしている。
広島市はそうした面ではかなり先進的な試みされている。

にも拘わらず、バスだけでなく、路面電車の利用客も減っていることをみると、郊外型大型ショッピングセンターが増え、都心に来る人の数が減っていることが、構造的な理由だとも思える。

だからといって、いまさら、ソレイユやアルパークを潰すわけにはいかない。
ということでは、中心市街地の魅力を高めることも必要だろうが、バスの魅力を高め、バスの利用客を増やすことも必要ではないだろうか。

最近市内のバス停は、広告付きのオシャレなバス停が増えてきた。
そんなバス停では、バスを待つのも、さして苦痛ではなくなった。

バス停だけでなく、バスに乗ることをも、もっと楽しくなる工夫をしたらどうだろうか。

今市内を走っているバスは、あまり乗りたくなるようなバスではない。

ロンドンの2階建ての真っ赤なバスとかは、一度乗って見たいと思う。
そんなバスを広島でも導入したらどうだろうか。

デザイン総研がデザインしたというボンバスは、なかなかオシャレだ。
かよこバスみたいなバスが本当に走ったら、私も乗って見たいと思う。

グワーンと音を立て、排気ガスを撒き散らすような、老朽化したバスでなく、環境にも優しいということでは、ディーゼルエンジンのバスを電気バスにすることも考えたらどうだろうか。

運転手だって、なにも男である必要はないだろう。
もっと女性の運転手が増えたらいい。

タクシーでは運転手が女性であることを売りにした、「なでしこタクシー」というのもある。
そんなタクシーに乗り合わせた時は、女性の運転手とのおしゃべりするのは楽しいもんだ。

かって、アメリカで女性がオートマチックのバスを運転しているのをみたことがある。
バスのオートマというのもびっくりしたが、それをやすやすと操作しているのが女性であることにも驚いた。

広島では、路面電車の運転手が女性だった歴史がある。
近頃、バスはもちろん、路面電車も、女性の運転手は見かけない。

いまでは、ほとんどの女性は乗用車の運転免許証は持っている。
バスの運転を、バス路線の沿線に住むパートの主婦に任せるようにしたら、人件費だってそんなにかからないだろうと思う。
そうなれば、バスの便数も増やせるかもしれない。

「使いやすいバス」というのもそうだが、さらに「乗りたくなるバス」にするにはどうしたらいいいかという工夫が、必要ではないだろうか。

広島から、「女性の運転する、楽しい電気バス」が創りだされ、世界に発信できたら面白い。
広島はその可能性がある街だと思う。

それが「スマートシティー広島」だ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« スマートハウス 各戸が発電装置を持つ? | トップページ | AGRI »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/50200382

この記事へのトラックバック一覧です: 使いやすいバス→楽しいバス:

« スマートハウス 各戸が発電装置を持つ? | トップページ | AGRI »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30