広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ユニーク講座「はだしのゲンを英語で読む」 | トップページ | 湯来ロッジ »

2010年11月 3日 (水)

検事の犯罪と防止対策

 大阪地検特捜部で起きた証拠改ざん事件で、当時の部長と副部長が犯人隠避の罪で起訴され、懲戒免職になり監督責任を問われた多くの幹部達が処分を受けた。
 事件の張本人の元主任検事は11日付けで懲戒免職になっている。
 検事が事件の構図と異なる不利な証拠に手を加え、司法全体の信頼を損なった罪は重く当然の処分だ。が、二人は容疑を否定しており最高検と全面対決で公判が進むことになる。

 就任時以外には記者会見をしないと云う検事総長が異例の記者会見をして「前代未聞の事態」を国民に詫び「徹底した検証を行い、抜本的な改革案を講じたい」と組織改革に意欲を示した…と、報じられている。果たして、身内の犯罪を裁き改革できるのだろうか?

 「法の番人の不正」と言う、国民は何を信じて良いのか判らなくした罪は重く、少々の反省で信用が回復するものいでは無い…。これらの検事が有罪になるのは当然のことだ。
 しかし、罪に服した後、彼らは司法の道には戻れない…と言う意見もあるようだが弁護士の道を選ぶことが出来る…。「ヤメ検」の道を選ぶ権利を持っている事は間違いない。

 はたして司法の場を汚した者が権利とは言え「弁護士の道」を許されるのだろうか。
 ここは、単に元検事の犯罪を裁くだけで赦されるのだろうか?
 司法の場に最も不適切な事が立証された事になる人物に「ヤメ検の道」を開くことは、いかにも不適切…と考えるのが至当ではないだろうか。
 検事が犯した犯罪が有罪で確定した場合は「ヤメ検の道」は閉ざされる…法制化が必要ではないか…?

 最高検が発想する位の度量があれば失われた信頼を取り戻すのに一役買うことが出来るのではなかろうか。さもなければ法務大臣は法務省でせめてもの罪滅ぼしに立案を命じても良いのではなかろうか。
 今後、意図的な冤罪を生まない為にはどんな対応が必要か…。
 特捜部の存在を今後どう位置付けるのか改めて検証することも必要と考えられる。

 元主任は起訴事実を認めているが元上司の2人は否認しており法廷での対決がどう展開されるかが焦点になって来るが、少なくとも「二度と、繰り返させない為に何が必要か」が真剣に考えられ、思い切った対応が望まれる。

 「ヤメ検の道」を閉ざす事は一つの策でしかない。しかし、当面可能な対策として打つべき手の一つではないだろうか…?

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ユニーク講座「はだしのゲンを英語で読む」 | トップページ | 湯来ロッジ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49893635

この記事へのトラックバック一覧です: 検事の犯罪と防止対策:

« ユニーク講座「はだしのゲンを英語で読む」 | トップページ | 湯来ロッジ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30