広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« デパ屋→大人の遊び場 | トップページ | ゴミと本通り商店街とコスプレ »

2010年10月29日 (金)

農家の台所

袋町公園の近くに、農家でよく見かけるビニールハウスが建っていた。
何、これ?

一瞬驚く。

1_6

お店の名前は「農家の台所」

5M四方位のビニールハウスの中には大きな冷蔵庫が置かれ、扉をあけると、キャベツ、さつまいも等かなりの量の野菜が並べられている。
中庭では原木のシイタケを栽培している。
地産地消を基本にしているという。
野菜へのこだわりを感じる。

ビニールハウスの奥はレストランになっている。
店頭のビニールハウスの中で売られている野菜を使った料理が食べられるようになっている。

ネットでみれば、この会社「国立ファーム」はもともとAVメーカーで、社長の高橋氏が農業に進出し、全国300軒の農家から送られてくる野菜を、野菜のプロが、野菜の説明をしながら、料理してくれるというビジネスを始めたのだという。

面白いコンセプトだ。

以前から魚については、お店の中に大きな水槽が置かれ、お客の注文した魚を網ですくって、刺身にしてくれたりするお店、活造りを売りにするお店は流川にもある。

このお店はいわばその農業版といえるかもしれない。

そういえば、東京では、LEDを使って屋内で野菜を育て、その野菜を使った料理を出すことを売りにしているレストランがあちこちに出来てきているという記事を読んだことがある。
その店の売りは、無農薬で育てているから、目の前の野菜を、そのまま洗わず食べられるっていた。

以前中国から輸入した餃子に有毒な農薬が混入していたといって大騒ぎになったことがある。

こうした形で野菜の安全性の品質保証をするだけでなく、新鮮さ、味も保証するという仕掛けがビジネスになるという時代になったということだろう。

品質保証の費用の分は高くなっていますよというのは当然のことだろうが、もともと野菜はそれほど高いわけではないから、ここの料理が他のお店と比べて高いというわけではなさそうだ。

料理を食べて、それが美味ければ、料理に使った野菜を、ビニールハウスの店頭の冷蔵庫から選んで、買って帰れるようにもなっている。

こんな個性的なお店があるのが、街の面白さであり、楽しさだろう。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« デパ屋→大人の遊び場 | トップページ | ゴミと本通り商店街とコスプレ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49828932

この記事へのトラックバック一覧です: 農家の台所:

« デパ屋→大人の遊び場 | トップページ | ゴミと本通り商店街とコスプレ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30