広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「広島五輪計画」に寄せて①「市の負担は52億円!?」 | トップページ | RISTRANTE MARIOとオープンカフェ »

2010年10月13日 (水)

「広島五輪計画」に寄せて②アトランタ五輪に想う

 先日、カフェで友人と「広島五輪」を巡る話に花が咲いた。
 百メートル道路でマラソン以外に短距離走の実施や平和市長会議参加の世界各国の自治体が『オフィシャル・観戦会場』を設けて、世界中でリアルタイムの観戦。入場料は『平和活動資金』として各自治体に委ねるなど次々に飛び出す彼のアイディアに感心した。

 これが、活きるかどうかは全く今後の話でアイディア倒れに終わるかは判らない。
 しかし、聞いていると実に楽しく面白く、批判ばかりの広島メディアと大違いで、相槌を打つことしきりだった。

 その中に更に面白く経済的波及効果も生みそうなアイディアがあった。
 街中のマンションを期間中、一戸百万円で借り上げ一定の改装をして民宿として借り上げる。持主は期間中、ウイークリーマンション等活用。改装工事は500戸で5億円、波及効果の大きさが期待できる。

 実はこの話を聞いて思い出す事がある。1996年のアトランタ・オリンピックを観戦した。
 RCCでは4年に一度「オリンピック招待セール」と言う企画があった。
 オリンピック年の上半期に一定額の売り上げに協力頂くとビジネッスクラスで行くオリンピック観戦に招待する。
 放送局の営業責任者としてスポンサー20名を開会式にご招待という形でご案内した。

 我々のホテルはアトランタ市内から高速道を2時間余り飛ばした郊外にあった。
 知り合いのTBS取材チィームは市内中心部の一軒家の民宿を確保していた。
 つまり、既にこの時期からホテルの新設など考えられない部分をどう賄うかは大きな課題だった。大会終了後は無理なく従来の宿泊施設で対応出来、新しい負担を抱え込まないと云う当たり前の考え方が活かされていたのだ。

 こう考えると、主催都市が大会後に必要以上の維持管理に費用を迫られる事は避けて、仮設で対応する考え方は至極当然の成り行きと言えよう。‘94年アジア大会以後広島市はビックアーチの維持管理に年間5~6億円を掛けて来た…。
 日本で開く二回目のオリンピックが理念に沿った「平和」が世界に通用しあてはまる都市は広島・長崎以外には無い。

 アトランタで見た施設の一部が仮設であり、大会終了後に施設を維持のために地元都市が苦労する方式はIOCが一番よく判っている…と考えられ、「広島五輪の理念」に異論が無ければ、実現可能性は極めて高いものになろう…。
 核兵器廃絶と言う人類共通の課題に挑戦できる環境づくりは市民の課題でもある。

 建築家でもある彼のような計画やアイディアを持った市民の意見を実施計画までに活かす方法はあろう。誘致を決定後に詳しく意見を聴く会が持たれる事も想定すべきだろう。

 ODAへの協力大国日本は住宅をはじめ仮設の施設を十分に活かしうる立場にあって、オリンピック仮設は大いに活かされる可能性を持っている。

 広島市はこれまで殆んど対応していなかったこうした市民のアイディアを聞き活かせる対応もする必要があろう。

 広島市が招致に踏み切るかどうか?
 年内に十分市民の意見を吸い上げられる対応が望まれると同時に、「市民の知恵とアイディア」を集約する事も考えるべきだろう…。

 何はともあれ、「平和五輪」の理念を最大限に活かし「核兵器廃絶」を実現する記念大会の方向であって欲しい…。

 市民の持つ情報は残念ながら極めて狭く少ないのが現実だろう。
 市民の財政負担が少なく、なお且つ実現が可能な方策があるのにヒットラーのベルリン大会を引き合いに「政治性が強く商業性が高い」と反対する市民派は少数派と言える。
 それほど、時代遅れの歴史観に埋まった人は少ない…と思う。人は歴史に学ぶものだ。

 今しばらくの間、市民の知恵とアイデイアが活かされる『平和五輪』を目指す挑戦を期待したい…。(9月30日:記)

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 「広島五輪計画」に寄せて①「市の負担は52億円!?」 | トップページ | RISTRANTE MARIOとオープンカフェ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49705243

この記事へのトラックバック一覧です: 「広島五輪計画」に寄せて②アトランタ五輪に想う:

« 「広島五輪計画」に寄せて①「市の負担は52億円!?」 | トップページ | RISTRANTE MARIOとオープンカフェ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30