広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「オリンピックと平和」論・孝 | トップページ | モーターフェスティバル Hiroshima 2010と交通科学館 »

2010年10月 6日 (水)

広島五輪招致に向け応援歌完成

 野球やサッカーなどプロスポーツのチームや選手を励まし、士気を鼓舞する応援歌は多い。プロ野球は各球団にあり、広島カープは球場でよく流れる「それ行けカープ」「燃える赤ヘル 僕らのカープ」をはじめ、「勝て勝てカープ」「痛快!赤ヘル音頭」「カープ讃歌」「ガッツだMr赤ヘル」「燃えろ!赤ヘル」などたくさんある。選手別応援歌もある。
 一方サッカーJリーグでも各クラブにあり、サンフレッチェ広島は「ときめいてハットトリック」。2002年日韓ワールドカップサッカーの公式テーマソングはアナスタシアの「BOOM」だ。
 1994年に広島で開催された「アジア競技大会」の公式イメージソングは「トライ~君がいるから」だった。その他多くの応援歌が生まれ、認定された。「熱き願い」「はばたけ青春」「広島アジア大会音頭」「アジアはひとつ」「明日に微笑を」「輝け!アジアの花」など。
 ところで広島市は、2020年のオリンピック招致を検討している。9月末に基本計画が発表された。
 日本で開催されたオリンピックの歌は、なんといっても「東京五輪音頭」が有名だ。三波春夫をはじめ三橋美智也、坂本九、北島三郎、藤山一郎などレコード各社が競作、300万枚売り上げ、中でも三波春夫は130万枚だった。
 その他冬季オリンピックでは、1972年の札幌は「札幌オリンピックマーチ」「白銀の栄光」、1998年の長野は「ILE AIYE WAになっておどろう~」。
 「ヒロシマオリンピック」の招致検討委員会に現在1府8県の27自治体の首長が加わり、応援委員会には、45都道府県の174自治体首長が名乗りを上げている。国内では東京都が招致検討の表明をしている。
 そんな中、広島の市民団体が、広島への招致を願う応援歌2曲を製作した。「オリンピックを広島へ」(作詞・三宅立美、作曲・立森裕)と「2020年ヒロシマオリンピックを開こう!」(作詞作曲・風呂哲州)。近々発表し、合唱団など歌ってくれる団体を募集する予定だ。
 関係者は「この歌を通じて広島五輪を考えるきっかけになれば」と話している。

 上村和博

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 「オリンピックと平和」論・孝 | トップページ | モーターフェスティバル Hiroshima 2010と交通科学館 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49629433

この記事へのトラックバック一覧です: 広島五輪招致に向け応援歌完成:

« 「オリンピックと平和」論・孝 | トップページ | モーターフェスティバル Hiroshima 2010と交通科学館 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30