広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 空き家ホテル.COMとオリンピック広島大会 | トップページ | スイーツの秋 »

2010年10月16日 (土)

広島にマリナ・デル・レイをー元宇品港マリーナ

日露戦争の頃、沢山の兵が、ここ元宇品の港から、戦地に向かった。
兵員輸送のため、広島駅から元宇品港までの鉄道も敷かれた。
その鉄道、宇品線も、今は撤去され、広い道路になっている。
つい数年前まで、被爆を免れた木造2階建ての小さな旅館も残っていたが、それも高速3号線の整備に伴い、撤去された。
江田島、島嶼部、松山と結ぶ連絡船も、西の広島港が整備され、そちらに移った。
元宇品港には、いまは金輪島と、似島とを結ぶ連絡船の市営桟橋と数十隻の漁船の船溜まりが残るだけになってしまった。

廿日市から坂までの港を広島港というらしい。
ここ元宇品地区の港には、どうも固有の名称はないようだ。
ここでは元宇品港と呼ぶことにしたい。

平成6年に開かれたアジア大会の際に、元宇品の岬にグランドプリンスホテル広島が建てられた。
それまで、この地域は街の発展から取り残され、随分と寂しい地域だった。
中四国最大という大きく、華やかなホテルが建てられて以降、周辺にはマンションが建設され、倉庫だった建物はレストランや、インテリアショップ等に改修されてきた。
街はその姿を大きく変えた。

20101016_65839

グランドプリンスホテル広島の前にはマリーナも作られ、海の街広島を象徴する施設ともなっていた。
しかし、そのマリーナから、いつの間にかボート、ヨットがいなくなってしまった。
ちょっと残念だ。
広島らしい景観が消えてしまった。
聞けば、最近の台風は、厳島神社を壊わすような異常な進路を通るようになったこともあり、マリーナに入る波が大きく、マリーナとしては不適だということで、ボート、ヨットの係留は止め、同時にヨットクラブも廃止されたという。

広島港周辺には、平成8年時点で、ヨット、ボートが1.9万隻もあるという資料をみたことがある。
当時はその殆どが違法係留と言われる状態にあったようだ。
そのまま係留を放置することは危険だとして、県は観音、吉島、五日市、廿日市等に次々とマリーナを整備し、そちらへの移転を進めてきた。
現在のマリーナの計画収容隻数は4,258隻、収容可能数は2,907隻だという。

しかし現実は、マリーナの係留料金が高いとか、不便だとかという理由で、マリーナへの移転は敬遠され、観音、吉島等に作られたボートパークもまだ大分空きがあるようだ。

太田川に違法係留していれば、街中で場所もよかったし、第一無料で済んでいた。
それが、不便なところに移らなければいけないだけでなく、有料というのでは、なかなか移ろうとしないのは当然だろう。

よほど規制を厳しく適用するか、かなり条件のいいマリーナを整備するしかない。

広島市街地に近くに立地し、現状よりさらに安い料金のマリーナが求められているといえるが、その建設費、漁業権の補償を考慮すると、ボート、ヨットの艇置料だけで、その費用を賄うというのはそう簡単なことではなさそうだ。

現在の元宇品港は、数十隻の漁船の船溜まりと桟橋が数本あるだけだ。
決して美しい港とはいえない。
老朽化した港湾事務所も残っているし、古くからある倉庫も、港に背を向けるように建っている。
元宇品港一体は、街中に近いわりに、まだまだ寂しい。

今駐車場としてなっている御幸松地区の開発をしようと、数年前、県が希望者を募ったがあるが、応募者がなく、断念したことがある。

それなら、この際、改めて元宇品港全域を、ヨット、ボートのマリーナとして整備し、周辺の街と一体となるよう開発する仕掛けを考えたらどうだろうか。

100万トンバースといわれる港の先端から、今のプリンスホテル前の防波堤まで、新たに防波堤を作れば、かなりの広さの海面が確保できる。
防波堤の長さは約400M程度だ。
数千隻のヨット、ボートを留めることができるだろうと思う。
数十隻の漁船はマリーナの中に取り込んでもいい。

数千隻のボート、ヨットが目の前にあるという景観を創り出し、元宇品の街と一体にすることができれば、街の雰囲気も随分と変わるだろうと思う。

マリーナに面したカフェのパラソルの下で、恋人とコーヒーを飲み、夕方には友人たちとビールを飲むなんてこともできるようになる。
そうしたことができるようになれば、順次レストラン、カフェ、ショップ、ブティクが出店してくることも期待できる。
マリーナを望むことを売りにしたマンションも建設されるだろうし、新たなホテルも作られるだろうとおもう。

五日市漁港フィッシャリーナは鉄柵で囲われている。
あれでは違法係留をしていたボート、ヨットの捕虜収容所だ。
マリーナの囲いは止めた方がいい。
マリーナと街を一体化してこそ、価値は生まれる。

横浜にあるベイサイドマリーナは、かなりの賑わいをみせているという。
周辺にはショッピングモールがあり、海側にはレストランもあり、マリーナの船を眺めながら食事もできるということで、デートスポットにもなっているようだ。

瀬戸内海の景観の素晴らしいことは誰しもが認めるところだ。
魚釣りをして帰ってくるだけでは勿体ない。
宮島には厳島神社、岩国には錦帯橋、江田島には昔の海軍兵学校の歴史ある建物も残っている、大島には大三島神社もある。
瀬戸内海は、クルージングを楽しむには最高の環境だ。

それには、やはりあちこちに停泊できる港が必要だ。
瀬戸内海の島々には漁港がある。
それらの漁港をヨット、マリーナの停泊地として、利用できるよう整備することも必要だろう。
国も海の駅構想をもち、そうした港の整備も進めている。

大田川の各所に、川を遡って街中に入ってきたボートの停まれる桟橋も整備する必要もあるだろう。

中国人等海外からの観光客も今後爆発的に増えることが予想される。
そうした観光客に対して、ヨット、ボートでの島巡りもメニューに加えるようにすることも考えるべきだろう。

ヨット、ボートを所有するのは大変だが、レンタルやリースのボート、ヨットがあれば乗るという人も沢山いるだろう。
専門家操縦するヨット、ボートに乗りたいという人もいるだろう。

そうした要望に応えに応えられるシステム、企業を育てることも必要だろうし、サービスができる要員の養成も必要だろう。
幸い元宇品にはボートの免許取得についての講習や、海に関する様々の技術を教える「中国海技学院」もある。

瀬戸内海を世界遺産に登録することも強力に進めるべきだろう。

マリーンレジャーを創り出すには、マリーナを作るだけでなく、そうした総合的観点からの開発が必要だろう。
広島にはそのためのポテンシャルは充分にある。

そうなれば、新たな雇用も創出されるだろうし、地価もあがる。
固定資産税も上がるはずだから、かなりの税収アップも期待できる。

元宇品港マリーナの事業収支を考えるにあたっては、元宇品港マリーナという単独の事業での収益性を考えるのではなく、広島の街、瀬戸内の島を総合的に開発することでの効果を考慮して、費用対効果を計算するということも必要なのではないだろうか。

ロサンゼルスのマリナ・デル・レイは、8千隻のボート、ヨットが係留できるマリーナとして有名だが、それだけでなく、そのマリーナの周辺にはシャレたレストラン、ショップ、ホテル、映画館が立ち並んでいる。
ヨット、ボートに住んでいる人もいるという。

この元宇品港マリーナができれば、それこそマリナ・デル・レイを越えるマリーナが広島に出現することになるかもしれない。

首都圏にある葉山マリーナの使用料は、比較的小さな33F以下でも、年間艇置量料が186万円、保証金が358.8万円、申込金が73.5間年もする。
バブルのころより随分と安くなっているが、それでもキャンセル待ちがある状態だという。

観音マリーナは、同じく33F以下で、年間艇置料が59.6万円、保証金が55万円だ。

これだけ費用が違えば、広島にボート、ヨットを置いて、東京から飛行機で乗りに来た方が安いということになる。
東京、大阪からも、或いは中国からも人が呼べるようになるかもしれない。

現在のボートは、ガソリンをまき散らして走っているようなエンジンを使っている。
ガソリン代の高い日本ではボートの維持管理の費用がアメリカに比べてバカ高い。
所有しているだけでも大変だ。
環境的にもよくない。
いずれボートのエンジンもハイブリッドに変わるだろう。
そうした面でも、広島がイニシャティブを取ることを考えるべきだ。

元宇品港は紙屋町、八丁堀から車で20分、タクシーで2,000円位だ。
広島駅からもその程度の距離だ。
直ぐ脇に高速3号線も完成して、車でのアクセスも格段に良くなった。
市街地の近くに、これだけ大きなマリーナを建設できる可能性を持った都市は、日本には他にない。
そのポテンシャルを生かすべきだ。

湯崎知事は「瀬戸内・海の道1兆円構想」を提案されている。
1兆円構想の実現をするには、漁業関連産業からだけでなく、今起こりつつあるレジャー、観光の切り口から見ていくことが必要だろう。

「瀬戸内・海の道1兆円構想」の具体的イメージとして、
「広島湾に1万隻規模のマリーナを建設し、そのマリーナ周辺に、とれたての魚を料理して出すレストラン、オシャレなカフェ、ブティク、ホテル、ショップ等のお店の集積した街を創る」
とされたら、どうだろうか。
その時には、元宇品港マリーナは、その構想の中核的プロジェクトとなるはずだ。

日本人の経済力、生活パターンから考えたら、リナ・デル・レイのようなマリーナを、いますぐ実現するのは難しいだろうが、その仕掛けは、今すぐにでもできる。

「広島に、マリナ・デル・レイを創ろう!」

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


« 空き家ホテル.COMとオリンピック広島大会 | トップページ | スイーツの秋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49709274

この記事へのトラックバック一覧です: 広島にマリナ・デル・レイをー元宇品港マリーナ:

« 空き家ホテル.COMとオリンピック広島大会 | トップページ | スイーツの秋 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30