広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 交通基本法と『移動権』 | トップページ | 広電の駅前大橋ルート »

2010年9月16日 (木)

公園のトイレ

アストラムライン安東駅のすぐ近くの、小さな公園に、小さな、可愛らしいトイレがあった。
急な擁壁の下に作られている公園は、公園といっても、住宅1軒分の広さほどしかない。

そんな公園の中に作られているトイレは何とも可愛らしい。
身障者用のかなり広めのスペースに便器が1個と、洗面台がついているだけだ。
壁、扉は内も外も真白だが、そこに真っ赤な握り棒が付いている。
三角形のプランにまとめ、斜めの三角形の屋根がかかっている。
屋根は紫色だ。
三角形の屋根の真ん中がスーッと切られ、そのスペースにガラスが嵌められている。
昼間は天井からの明かりとり、夜はそこから漏れる光がトイレの目印となるのだという。
ガラス屋根のスリットのラインとその先の三角形の頂点は真北をさしているともいう。

1_2

このトイレのデザインは数年前広島市が催したデザインコンペで当選した作品だ。
当選したのは小川文象さんという30歳の若い建築家だという。

コンペの当選作品として、新聞に発表された時、ちょっとおもちゃみたいだなと感じたが、本物はなかなかいい。
すでに広島市内にあるあちこちの小さな公園につくられているという。
屋根の色はそれぞれに違っているという。

スリットのガラス屋根のコンセプトも面白いが、関連して、昔の友人の研究を思い出した。

「ヨーロッパの教会は、北斗七星の方角を向いて建てられている。
年が経つうちに、少しずつ北斗七星の位置が変わるので、その変化を計測すれば、その教会が建てられた年がわかる」
として、毎年ヨーロッパにいき、教会の配置を計測していた。

世の中には物好きな人もいるもんだと思っていたが、
このトイレもいずれそんな研究の対象になるのだろうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 交通基本法と『移動権』 | トップページ | 広電の駅前大橋ルート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49415267

この記事へのトラックバック一覧です: 公園のトイレ:

« 交通基本法と『移動権』 | トップページ | 広電の駅前大橋ルート »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30