広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« カフェ・赤い屋根 | トップページ | 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 »

2010年9月23日 (木)

自転車の車両保険

私の友人が、アメリカ製のかなり高価な自転車を買った。
10万円以上はしたようだ。
「高価な自転車なので、傷つけたり、盗まれた時のためにと、自転車の保険に入ろうとしたけど、国内の保険会社はどこも自転車の車両保険は扱っていない。
仕方なく、ネットで見つけた、外資系の保険会社に入った。
何かあったとき、どうやって保険会社は確認するのか、不安はあるけど、物は試しと入った」
といっていた。

自転車に車両保険はないの??

1_5

損害保険会社に勤めている知人に聞くと、
「自転車の保険は、傷害保険と個人賠償責任保険があります。
傷害保険は自分の怪我に対する補償で、それに対し個人賠償責任保険は、相手に怪我を負わせたり、損害を与えたりした場合に対する補償です。
しかし、自動車のような車両保険はありません。
自転車は高価な自転車もありますが、殆どは1万円程度の安い自転車で、保険料を1万円いただいても、ビジネスとしては成り立たないということで、扱いを止めたということのようです」
といっていた。

それなら全ての自転車にICタグを付け、盗まれたりしたら、すぐに探せるようにしたらいい。

広島市のまんが図書館では図書の紛失防止対策としてICタグを導入したところ、これまで年間1500冊もあった紛失件数が一けたに激減したという。

ICタグの記憶容量は大きいがチップそのものは1センチもない。
価格だって100円以下でできるようだ。
そこに自転車の製造番号から、自転車の持ち主、連絡先等、自転車の判別に必要な情報を書き込むようにしたらいい。
写真を付けたっていいだろう。
そんなタグを、自転車のどこか剥がせないような場所に付けたらいい。

ロードバイクでもビアンキというような高級な自転車になれば、20万円はこえる。
ママチャリといわれるようなタイプの自転車でも、5万円を越えるのもある。
そんな高級車はやっぱり恰好いい。

そんな高い自転車になれば、所有者はその保管にはかなり気をつけるだろうが、それでも傷つけられたり、盗まれたりすることはある。
それが嫌で、いい自転車を買わないということもあるようだ。

1万円程度の安い自転車だったら、ちょっと古くなったら、廃棄処分するのも面倒だと、人に見えないところに乗り捨ててしまうというケースは多いようだ。

広島市では、撤去保管に要した費用として、普通の自転車で2,100円、原動機付き自転車で4,200円を支払うことになっている。
違法駐輪の自転車として撤去されたら、保管場所までいって、違反金を払ってまでして、戻してもらうのは面倒ということで、取りに来ない自転車が増えるという。

オートバイには、車検もあるし、任意だが車両保険制度もある。

しかし、今や電動オートバイも売られるようになり、電動オートバイと電動アシスト自転車との区別もなくなってきた。

125CC以下の原動機付き自転車では、自賠責保険料が12か月で7,580円となっている。
結構な額だ。

自転車にもオートバイと同様に、車両保険を考えることが必要な時代になってきたようだ。

環境問題がいわれ、サイクルロードも次々と作れている。

広島市に自転車の文化を育てるには、自転車の登録制度、車両保険の制度も、きちんと整備することが必要なようだ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« カフェ・赤い屋根 | トップページ | 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49469285

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の車両保険:

« カフェ・赤い屋根 | トップページ | 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30