広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 | トップページ | 20回目の個展 »

2010年9月25日 (土)

葬儀屋さんの内覧会

 20年前、営業担当になった機会に葬儀屋さんの会員メンバーに付き合いで加入した。
 一定額を積み立てると万一の際の葬儀の基本額として扱われる葬式の予約会員制だ。

 月月の掛け金が終わって既に5~6年経過していて、時折内覧会の案内を頂いていたが、今回初めて思いきって家内と出かけて見た。他人様の葬儀に行っても判らない事ばかりだ。
 驚いた事に、日曜日の午前中と言うのに数十人いや百人近人が来ているではないか。
 一人でお見えの高齢の男性にご婦人、大半は私達くらいの夫婦ずれだ。

1

 参列者3~400人、100人前後に2~30人までの小規模なケースの多様な対応が用意されている。写真の家族葬的な小規模型は58万円を40万円に割引し、遠隔地から来た人がわざわざホテルに行かなくても、10人まで位なら利用できる宿泊施設が2万円と言った具合のオプションが出来る。

 葬儀の基本は故人が無くなった場所へ引き取りに行き、棺に納めて写真を葬儀用につくり、好みに応じた祭壇を飾る。マイクロバスとセットの霊柩車で葬儀場まで送る…等になっている。

 葬式の執り行いは宗派によって違うが特にお寺さんを指定しない限り葬儀屋さんが手配してくれる。 お布施戒名は色々ランク?があるが一般的には5~20万円ピンと色々のようだ。

 「地獄の沙汰も金次第」ではないが、この日案内してけれたスタッフの女性は「誰でも動転してその場になって相談し“あれもこれも、それでいい”と発注して、葬儀後に驚く額が請求された…」という例は今も決して少なくない…と実情を話していた。
 私達は両親を送って15年以上になる。また、他人の葬儀に行っても判らない事は多い。
 従って、こうした内覧会の時「あれは“いる”これは“いらない”を確認しておくことが大切です」と説明していた。概ね、理解出来て私も家内も安堵した。

 何となく、自分の葬儀の下見の様で余り気持ちのいいものではない…と思っていたが、懇切丁寧な説明に十分納得出来る『いい内覧会』だった。
 機会があれば一度足を運んでみるのも一計…とお勧めする。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 | トップページ | 20回目の個展 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49552716

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀屋さんの内覧会:

« 広島造幣局とコイン通り商店街とJR山陽本線コイン通り新駅 | トップページ | 20回目の個展 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30