広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 65年目の平和式典、評価? | トップページ | 写真家森下一徹、透析の8・6 »

2010年8月20日 (金)

旧市民球場跡地でジャズフェスができないだろうか

旧市民球場跡地でジャズフェスができないだろうか
 広島音楽シーンの目玉になるかも

 このごろ、なぜかジャズを聴きながら一杯飲みたい気分になる。そんな時、新聞社時代に携わったジャズフェスを思い出す。毎年8月に、チチヤスハイパーク、現在は中国新聞ちゅーピーパークになっている廿日市市大野町でのオールナイトジャズフェスティバルだ。
 昭和52年から、のうが高原で2回、チチヤスで10回開かれた。筆者は後半を担当。夕方から朝までのオールナイト。全国から毎回5~6千人のファンが集まった。当時のジャズ界の大物や人気グループが出演した真夏の暑い祭典だった。
 渡辺貞夫、松本英彦、ジョージ川口、日野皓正、山下洋輔、世良譲、渡辺香津美や広島出身の坂田明、藤家虹二、井上敬三、女性では阿川泰子、笠井紀美子、しばたはつみ、アンリ菅野やマリーン、そして原信夫や高橋達也などのビッグバンド、さらにカシオペア、本多俊之、ザ・スクェアに加えて外国人ジャズメンが熱演した。また地元バンドも前座を務めた。
 ヤマハやキリンビールが協賛し、RCCラジオも放送、盛り上げた。しかし周辺に団地が続々完成し、住民への騒音対策を事前に行ったが、音が風に乗って想定外の所へ届くようになり、やむなく中止した。
 その後、騒音の問題がない福山の山中、三和町のライディングファームへ会場を移したが、“足”の問題でチチヤスのような集客は難しかった。当時ジャズフェスは全国各地で開催されていた。今はめっきり少なくなった。
 昭和50年代、コーヒーやソフトドリンク、ウイスキー一杯でジャズが聞ける「ジャズ喫茶」が全国に800軒あったといわれた。広島市内でもジャズ倶楽部、シルバー、サテンドール、じゃずてっと、ママデッークなどたくさんあった。現在は酒場やレストラン、ホテルやライブハウスなど多くは生演奏が主流となった。旧市民球場跡地で騒音問題がクリアできれば、昼間にジャズフェスが開催できないだろうか。にぎわいの創出と同時に、広島の音楽シーンの一つの目玉になるかもしれない。

上村和博

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 65年目の平和式典、評価? | トップページ | 写真家森下一徹、透析の8・6 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/49162817

この記事へのトラックバック一覧です: 旧市民球場跡地でジャズフェスができないだろうか:

« 65年目の平和式典、評価? | トップページ | 写真家森下一徹、透析の8・6 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31