広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 山手線のホームドア | トップページ | 広島で次世代のガン治療装置の開発 »

2010年7月25日 (日)

羽田空港ビルのオープン・カフェ

羽田空港の第2ターミナルビルの出発ラウンジに、ちょっと面白いオープン・カフェがあった。

白の丸テーブルに赤白の椅子が置かれ、いろんなタイプのテーブル、椅子が置かれている。
エスカレーターの脇の壁に向かってのテーブルでは、パソコンのコンセントがあるからのだろうか、仕事の延長だろうかパソコンを使っている人がいる。
大きなちょっとクラシックなテーブルとイスには、女性のグループが座っている。
もう帰るだけなのだろうか、ビールを飲んでいるグループもいる。

生ビールは540円、枝豆が300円だ。

上から見ると、花が咲いたように奇麗だ。
真ん中に大きなヤシの木が置かれ、周りを大きな鉢に植えられた木が囲んでいる。

1_4

ここのゾーンだけが、空港を忙しく行きかう人の雑踏の中で、なんとなくホッとする空間になっている。

多分、設計段階ではこんな利用の仕方を想定していなかったのだろうと思う。
お店とオープン・カフェの間には、上に上がるエレベーターの通路が通っている。

ビルがあまりにも長くなってしまうことを嫌って、ドッグレッグさせたことで、オープンスペースができてしまったのではないだろうか。

それが数年前に、「ねんりん屋」がテナントとして入ったことで、はっきりとオープン・カフェとしての使い方になったように思う。

空港のゲートの前は、椅子が整然と前を向いて並べられているのが普通だが、
それがここでは、多種多様な椅子、テーブルが、かなりゆったりと、思い思いの感じで置かれている。

きちんと最初から計画された空間でなかったことが、逆に様々な利用形態を生み出し、ホッとする雰囲気を作り出しているようだ。

想定外というのは、人生も楽しくしてくれる???

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 山手線のホームドア | トップページ | 広島で次世代のガン治療装置の開発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/48907436

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港ビルのオープン・カフェ:

« 山手線のホームドア | トップページ | 広島で次世代のガン治療装置の開発 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30