広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 首相辞任劇と『マッチポンプ』 | トップページ | 古民家の模型 »

2010年6月17日 (木)

菅直人新首相の多難な船出

 本日、菅直人氏(63)が第94代の首相に就任が決まった。

 菅さんの本籍が岡山と言うことは割と知られているが山口県宇部市生れで高校まで宇部で育った事は意外に知られていない。「山口県出身9人目の首相」になる。
 岡山生まれの父親はガラス製造会社の工場長で転勤のため三鷹に移り、東大合格者を多く出していた都立小山台高校へ編入学し、一浪で東京工業大学応用物理学科に入った。
 奇しくも鳩山前首相の東京大学工学部に続いて理系の首相が続くことになる。

 菅さんは在学中に政治サークルを創立してリーダーを務め、政治に強い関心を寄せる。
 また在学中に弁理士の資格を取るが卒業後は企業へ就職しないで、‘74年に市川房江さんを担いで参議院選挙を闘う事務所の責任者を務めながら市民運動家として、政治家を志す。

‘ 76年の衆議院選で東京7区から初出馬するが落選し‘80年に初当選するまでに衆参議院選で落選を繰り返した。社民連や新党さきがけ、旧民主党から民主党を歩んで理想の政党を模索する。橋本政権時代に厚生大臣を務め「エイズ対策」で評価と知名度を上げた。

 民主党になって2度、代表になるが‘04年の年金未納問題で辞任に追い込まれる不運に出合った。いばらの道を歩むが市民運動家出身らしく周囲を静観しながら、鳩山内閣の副総理として目立ちすぎないように強かに備えて…3度目の正直で“首相の座“を獲得した。
 代表選で「みんなが参加できる政党にするため…」と小沢氏が廃止していた政調会の復活を表明した。「政治と金」問題の反省からクリーン政治を掲げて“鳩山継承”と“脱小沢”色を出した。

1_5

 菅さんは急速な「脱小沢」で政権運営に取り組む覚悟が見える。8日の組閣がどう編成され党の新体制がどうなるか…。菅さんはノーサイド宣言で挙党体制をアピールしたが小沢氏は地元へのビデオメッセージで参議院選挙の先頭に立つ決意を述べている。

 小沢氏の力を無視する事は民主党の損失?と言える?活かさない手はあるまいとも思う。
 菅新体制の本番は参議院選挙後に来ることは間違いない。
 参議院選挙での勝利は厳しいと思えるが、負けをどれだけ小さく留めて安定的長期政権を図られるかどうか…衆議院任期の残り3年を全うできるかどうか“前途多難な船出”となる。政治資金と普天間移設問題で傷ついた政府・民主党政権の信頼回復と参議院過半数確保が新政権の当面の課題だ。注目したい。(4日:記)

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 首相辞任劇と『マッチポンプ』 | トップページ | 古民家の模型 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/48599093

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人新首相の多難な船出:

« 首相辞任劇と『マッチポンプ』 | トップページ | 古民家の模型 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30