広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ふれ愛プラザ | トップページ | 広島NHKビルのギャラリーと焼き物展 »

2010年6月14日 (月)

八つ当たり?  NHKビルのエスカレーター

NHKビルの2階のスタバ―によった帰り、エスカレーターに乗ろうとしたら、つんのめりそうになってしまった。
下りのエスカレーターに乗ったつもりだったが、よそ見をしていて、上りのエスカレーターに乗ってしまった。

「ボケたんじゃんない?」と女房にいわれてしまった。
「そんなことはない!」
「上りと下りが、普通とは逆についているのがおかしいんだ」と、思わず文句をいってしまった。

1_2

シャレオの階段だって、上りの人は、普通は左側を歩く。
つまり左側通行ということだ。
アストラムラインのエスカレーターも左側通行だ

広島市内では、どうもこのNHKビルのエスカレーターだけが、左右逆の右側通行になっているようだ。

ネットで、この左側通行について調べてみると、なかなか面白いことがわかった。
「日本の左側通行については、江戸時代頃から武士などが左腰に差している刀が触れ合うことを避けて、自然と左側通行になっていったという説が一般に流布している。
欧州大陸諸国の右側通行については、馬車の馭者は右手で鞭を振るうので、対向する馬車に鞭を当てないために自然と右側通行になったという説がある。
しかし、どの説も決め手に欠け、実はなぜ右側通行・左側通行になったのかはっきりとわかっていない。
かって日本では、自動車と歩行者が同じく左側通行だったが、自動車の交通量の増大に伴い、交通事故の危険性が増加したことから、第二次世界大戦後に自動車と歩行者の対面交通が採用された。
その際、歩行者の通行区分を右側通行に変更した。
このことから、日本の小学校では廊下の右側通行を指導する事例も見受けられる。
しかしながら、鉄道駅では人が左側通行をすることを前提に設計されてきた為、一般道路で人の右側通行が採用されて以降も、人の左側通行が採用されている場合が多い」
とある。

そう言われてみると、現実の状況は必ずしもこうと決まっているわけではないようだ。

東京の山手線の駅、羽田空港のエスカレーターは左側通行だが、駅の階段の上り下りは、大体左側通行だ。
それもその階段の位置、時間によって違っているようだ。
紛らわしい。

大分以前だが、TVの番組で、全国の駅の階段で、人は左側を歩くのか、右側を歩くのかという調査をしていた。
東京では左側、大阪では右側を歩くといっていた。
つまり、東京と大阪では逆なのだ。
さらに、その右側通行か、左側通行かが、大阪文化圏と東京文化圏の境目となっているということで、その境目がどこかということも調べていた。
その境目は、確か滋賀県と岐阜県の県境の駅だったように記憶している。

そうしてみると、階段を歩く時は左側通行で、エスカレーターでは右側通行というのが、そもそもおかしいということになる。

エスカレーターも左側通行にした方がより自然だといえそうだ。
この際、このNHKビルのエスカレーターも上りと下りを逆にした方がいいのではないだろうか。

どうでもいいことのようだけど、結構重要な問題ですよね・・・・

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ふれ愛プラザ | トップページ | 広島NHKビルのギャラリーと焼き物展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/48599030

この記事へのトラックバック一覧です: 八つ当たり?  NHKビルのエスカレーター :

« ふれ愛プラザ | トップページ | 広島NHKビルのギャラリーと焼き物展 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30