広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 葉桜 2010 | トップページ | 大学のオープンカフェ »

2010年5月 1日 (土)

日本焚き火学会2010

今年の日本焚き火学会は4月17日、安芸太田町大字穴で催された。
休耕田だろう、東斜面の棚田の真ん中に、石が積まれ、焚き火用の炉が作られた。
周りには丸太の椅子がおかれ、数軒の模擬店も出店していた。

2時頃から三々五々が集まって来て、なんとなくお喋りして、飲んで、食べて、解散になる。
たったそれだけのことだが、それで日本焚き火学会と称している。
可笑しい。

色々工夫はされている。
お酒を輪切りにした竹筒にいれて、火の脇に突き刺して温めて、飲んだり、仰々しく日本焚き火学会発行の地域通貨もある。
500焚で100焚の焼き鳥を2本買ったら、お釣りに100焚2枚と500焚1枚が戻ってきた。
焼き鳥は2度美味しい?
後で気付いたが、返すのもどうかと思い、そのまんま財布の中にある。

今年はNHKの取材もあったようだ。

脇では、丸太を割って、薪を作っている人がいた。
奇麗に割っていた。
相当に慣れている。

1_6

割って薪にした方が燃えやすく、火力が強くなるのは確かだが、それは竈でご飯を炊いたり、料理したりする場合だろうと思う。
燃えている火を楽しむなら、割らずに丸太のまんまの方が風情がある。

暖炉に丸太を数本放り込んでおくと、生木でも一晩中燃えている。
不思議なのは1本だと消えてしまうが、2本重ねたり、並べて置いたりすれば、火は消えずに燃えている。

火を見ていると何時間たっても飽きない。
火は、見ているだけで、人を妙に哲学的にするようだ。
生きているってこんなことかなーなんて考えたりする?
それが焚き火学会の命名の由来・・・?

名前の由来は各人それぞれが勝手に考えてくださいということだろうと、敢えて聞かないことにした。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 葉桜 2010 | トップページ | 大学のオープンカフェ »

コメント

お前にはこういう具合に多少の知り合いはいるんだなww
でも、お前の周りの奴って冷たい奴ばかりなんだな。
お前がこのブログで散々自分の無知をさらけだしているというのに、誰もお前にアドバイスしてくれないのかよww
「お前のこの前の記事、間違いがあるぞ」とか「数年前からの常識を、今更嬉しげに記事にするなよ」とか、誰も言ってくれないのか?
どんだけ浅い人間関係しか作れていないんだよwww
「裸の王様」ていう言葉はお前の秋葉のためにあるようなものだなwww
良かったなお前。お前がソンケーしている秋葉と同類の糞人間だぞww

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本焚き火学会2010:

« 葉桜 2010 | トップページ | 大学のオープンカフェ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30