広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ゴルフとゴルフ練習場 | トップページ | 映画「NINE」とシネツイン新天地 »

2010年4月13日 (火)

平和公園の慰霊碑前寄付金箱

平和公園の慰霊碑の前に寄付金箱がある。
今まで、普段寄付金箱は献花等に隠れて見えないこともあって、全く気づかなかった。
寄付金を入れる人を見たこともなかった。
先日寄付金を入れる人がいて、初めてそこに寄付金箱があるのを知った。
私も硬貨を入れて、手を合わせてお祈りした。
私の後に続いて何人かの人が献金していた。

1_2

日本では、神社の賽銭箱ではないが、「もっと儲かりますようにとか、何かいいことがありますように」とお願いするときに、お金を賽銭箱に入れるのが普通だ。
慰霊碑に向い、何かいいことがありますようにとお願いするのは、ちょっとそれは違う。
そんなこともあって、私もちょっと躊躇したが、前の人が献金をしたことにつられ、お賽銭箱があるということは入れてくださいということでもあるはずだと、自分に言い聞かせて献金した。

平和資料館の展示はとてもよくできている。
平和文化センターも素晴らしい活動をしている。
原爆の悲惨さ、平和の意味を訴える活動の必要性を改めて感じるが、そうした活動をするにはそれなりの資金がいる筈だ。
私も少しでもそうした活動にお役にたちたいと、平和資料館の中で寄付金箱を探したことがあるが、見つけらなかった。

高額の寄付であれば、税の控除も受けられる。
そんな寄付金についても、平和資料館の中では直接には受け付けていないようだ。
市民局国際平和推進部平和推進課へ連絡すれば寄付申出書が送付される。
それを持って銀行から振り込めばいいということのようだが、しかしちょっと面倒だ。

ネットで調べてみると、平成21年度の平和文化センターの活動に対し、広島市は約10億9千万円の予算をあげているが、そのうち寄付金は約370万円だという。
平和文化センターの活動の殆どは税金で賄われていることがわかる。

寄付金はもっとあってもいい。
そのためには、もっと容易に、寄付し易い仕組みを作る必要がある。

日本にはお金を寄付する言葉には、献金、寄付金、お賽銭、募金、義捐金、お布施、奉加帳と色々ある。
それぞれに意味することがちょっとずつ違うことで、微妙に使い分けられている。
英語はdonationだけなのだろうか。

最近はネットで寄付金を募る方法も普及し始めている。
オバマ大統領は大統領選の際、数百億円をネットで集めたという。

1人1万円、1億人から集めたとすれば、それだけで1兆円になる。
ネットの世界の恐ろしさも感じるが、それにしても日本では、寄付する文化をもっと育てていく必要があるようだ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ゴルフとゴルフ練習場 | トップページ | 映画「NINE」とシネツイン新天地 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/48022880

この記事へのトラックバック一覧です: 平和公園の慰霊碑前寄付金箱:

« ゴルフとゴルフ練習場 | トップページ | 映画「NINE」とシネツイン新天地 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30