広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« カフェ・シトロエン | トップページ | アリスガーデンとロックンローラー »

2010年3月 8日 (月)

アーケードと本通り商店街

本通り商店街には大きなアーケード架かっている。
おかげで、雨にも濡れないし、夏の暑い日には日傘の代わりになってくれる。
アーケードは半透明のテント作られているので、昼間は照明がなくともよさそうだ。

この本通り商店街のアーケードは1954年に作られたという。
もう56年経っている。
その割にはあまり痛んでいない。
技術的にも、よくできたアーケードだ。

1_7

しかし本通りの賑わいはこのアーケードがあるからだろうか。
銀座だって、原宿だって、渋谷だって、アーケードなんか無い。
ここらで、ちょっと考えてみる必要がありそうだ。

本通り商店街のアーケードは随分と高い位置に架かっている。
それでも4階レベルから上は見えない。
あたかも4階から上には建物がないかのようだ。

アーケードの下の商店街は、やけに明るいトンネルの中の商店街のようでもある。
これではソレイユやゆめタウンの郊外型ショッピングセンターとさして変わらない。

街の面白さ、楽しさは、様々の建物があり、様々のお店があることだろう。
古色蒼然とした古いビルがあるかと思うと、そのすぐ脇にピカピカの新しいビルがあったりするのが、街の面白さだともいえる。
そんなビルの階段を上がっていくと、「エーッ ここにこんなお店があったのー」ということを発見するのもまた、街の面白さだ。
それは長い年月掛けて作られてきた街の歴史があってこそ生れてくる面白さだ。

アーケードは、そんな街の歴史も、そこにあるはずの生活を半減させているのではないだろうか。

本通り商店街の脇をちょっと入ったところにある瀬戸内海汽船の所有するビルは、4階がオルゴールカフェ、2階が輸入玩具のお店になっている。
1つのビルの中に色々なものが詰まっている、
ビルの階段を下りていったとき、思ってもみなかったオモチャを発見した時は感激した。

本通り商店街の一角にあったギャラリー・てんぐスウエア―もなくなってしまった。
そんなギャラーもビルの5階、6階といった上のフロアなら、賃料も安いだろうから、進出できるのではないだろうか。

日本では一時、野球場をドーム化することが流行った。
後楽園球場を始め、日本の主だった球場は殆どドーム球場になった。

しかしアメリカではドーム球場を壊して、今屋根のない野球場にどんどん作りかえられている。
理由は、天然芝の上でプレーすることの方が選手にも優しいし、見ている方もその方が楽しいからだという。

本通り商店街の発展の可能性は、案外4階から上にあるのかもしれない。
ビルの屋上を繋げてしまうという手もあるかもしれない。

本通り商店街のアーケードは開閉式になっているようだ。
大きく開けてみて、通行客の反応をテストして見たらいかがだろうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« カフェ・シトロエン | トップページ | アリスガーデンとロックンローラー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 本通りのアーケードは昭和30年代半ば?の冬、大雪の重差で倒壊し、再建されました。従って、現在のは2代目です。

現在のアーケードは1991年につくられたものです。

グランパ・ひろしま様

ご指摘、ありがとうございます。
今のアーケードが2代目で、1991年にできたとすると、出来てから約20年ですか。
それにしても、痛んでいませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/47733027

この記事へのトラックバック一覧です: アーケードと本通り商店街:

« カフェ・シトロエン | トップページ | アリスガーデンとロックンローラー »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31