広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« フリーペーパーランド? | トップページ | 朝青龍の引退劇の遺産? »

2010年2月12日 (金)

電車の中で本を買う時代

書籍販売で最大手であるアマゾンでは、既に昨年5月のデータで全売上げの35%が電子書籍でした。それは2年前にアマゾンが発売し爆発的に売れた電子書籍端末のKindle(キンドル)が大きく貢献しています。Kindleはパソコンなどの液晶画面とは違い、直射日光の下でも文字がはっきり見え、画面拡大や音声読み上げも可能で、印刷文字より読みやすく、アンダーラインやメモも簡単にできるものです。本より遙かに軽い本体の中には数千冊の本が入ります。

更にKindleでは、3G(携帯電話網)やWiFi(無線LAN)を使って、本を買うことができます。Kindleの画面で購入した本は僅か1分でダウンロードされ、即座に読むことができます。どんなに売れている本でも売り切れることはありません。カリフォルニアでは学校の全ての教科書を電子書籍にすることを決定しています。

そして3月にはApple(アップル)のiPad(アイパッド)が発売されます。Appleは世界で初めてパソコンを作ったメーカーであり、Mac(マック)でマウスとアイコンで誰にでも簡単に扱える今のパソコンも実現し、iPod(アイポッド)で音楽の聴き方から流通まで変え世界で一番音楽を売るiTunesStore(アイチューンズストア)を作り、iPhone(アイフォーン)でスマートフォンを一気に普及させました。そのAppleがiBookStore(アイブックストア)を作り、iPadを販売するのです。

iPadはiPodがそうであったように、Kindleより高性能で高機能、限りなくパソコンに近いものでありながら、Kindleより安いという戦略的な価格で登場します。iPodの登場で音楽業界が変わったように、iPadは出版業界も変えるかも知れません。

そうなると、広島市のアストラムラインのように無線LANを装備した車両では、通勤や通学の途中に、本を読むだけではなく、本を買うということも一般的になるかも知れません。いつでも、どこでも、即座に本が買える、これもユキビタス社会の一つです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« フリーペーパーランド? | トップページ | 朝青龍の引退劇の遺産? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

アストラムラインに乗る時はフリースポット車両を選んで乗っています。無料で手続きなしで無線LANが使えるので凄く便利です。iPadが出たらWiFiのみで十分使えそうです。

このところ買いたい雑誌が売り切れで買えないということが続きました。いつでもどこでも確実に買える時代になればいいなぁと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/47536472

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中で本を買う時代:

« フリーペーパーランド? | トップページ | 朝青龍の引退劇の遺産? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30