広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 道路の上の渡り廊下 | トップページ | 機械式立体駐輪場化と地下駐輪場 »

2010年2月19日 (金)

「ヒロシマをさがそう」とNHK

NHK広島ビルの平和大通り側に3つの原爆関連の碑がある。

1_5

NHK広島放送局のHPで調べると、
・原爆の碑
高さ4~5Mはあろうかという大きな彫刻の碑だ。
1966年建立。
NHK広島放送局の職員で被爆して亡くなった86名を合祀している。
製作は広島市出身の彫金家 伊藤 顕さんによるもので、惨禍から立ち上がる人間、過去を悔い祈る人間、そして永遠の平和を培う人間像が浮彫形式で表現されている。
と書かれている。
・ヒロシマの火
広島平和記念公園の「平和の灯」と福岡県星野村の「平和の火」から分火された、“2つの火”が灯されているという。
・被爆放送局の碑
2005年に建立。
被爆したNHKビルの縁石の一部を使い、二つの石に嵌め込まれた鉄板は、原爆の投下された「午前8時15分」を表わしているという。

碑の後ろの大きなガラスケースには「ヒロシマをさがそう」というキャッチフレーズが掲げられている。
脇の別のガラスケース中には、大きなモニターTVが置かれNHKの放送が流され、パソコンの画面ではNHKのHPが映され、小さな携帯の画面も置かれている。

「ヒロシマをさがそう」というのは、どうも変な表現だなと思っていたが、NHKのHPを見ると
「NHK広島放送局では、およそ160件におよぶ被爆建物、被爆橋梁、被爆樹木、慰霊碑など、原爆を象徴的に物語る“ヒロシマ”を紹介し、市民の皆さまが守り続けてきた思いを伝え、平和へのメッセージを発信します。
 皆さまからの感想とともにお寄せいただいたエピソードや新たな情報をサイトに追加掲載し、皆さまといっしょに“ヒロシマ”を記録し、後世に残す“被爆地図”をつくっていきます」
と書かれている。
市民から情報を集め、掲載していくことで、ヒロシマに関するある種のウィキペディアを作ろうという試みのようだ。
まさにネット時代のプロジェクトだ。
もう一つの平和資料館が出来たともいえる。

被爆の慰霊碑が3つに、TV画像、パソコン画像、携帯画像。
これだけ集積すると、ちょっとした観光拠点になる。

広島にある企業としてのこうしたNHKの試みを評価したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 道路の上の渡り廊下 | トップページ | 機械式立体駐輪場化と地下駐輪場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/47536777

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒロシマをさがそう」とNHK:

« 道路の上の渡り廊下 | トップページ | 機械式立体駐輪場化と地下駐輪場 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30