広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「ヒロシマをさがそう」とNHK | トップページ | ブックカフェ・エスプレッシーボ »

2010年2月20日 (土)

機械式立体駐輪場化と地下駐輪場

紙屋町、八丁堀、流川等の中心市街地の違法駐輪の問題は極めて深刻だ。
いくら取り締まっても、排除しても、違法駐輪はなかなか減らない。

マナーの問題でもあるが、そもそもは駐輪スペースが絶対的に足りないことにもよる。
広島市は袋町小学校の校庭の下、大手町公演の地下等あちこちに駐車場を作ってきたが、それでもまだ足りない。
今度は、さらに平和大通りの駐車場を廃止して、駐輪場を作っている。
それでもまだ足りないようだ。

違法駐輪は広島市内には約6千台あるといわれている。
あその殆どは中心市街地の違法駐輪だろう。

駐輪場が空いていても遠くにあっては意味がない。
自転車に乗る人は、買い物、仕事等目的の用があるすぐそばに止めたがるからだ。

中心市街地の地下には、かなりの地下駐輪場が設けられている。

1

「ひろしまの市民と市政」に依れば、それら地下の駐輪場の収容能力は、
大手町公園の地下駐輪場は自転車300台、原付165台、自2輪85台
袋町小学校の地下駐輪場は自転車540台、原付130台、自2輪30台
袋町公園の地下駐輪場は250台、原付220台、自2輪175台
アリスガーデン地の駐輪場は自転車180台、原付40台
新天地地下駐輪場は自転車600台
とある。
自転車のスペースだけでも計1870台分もある。
別の資料では、単純に自転車換算した場合のようだが、2,850台分の地下駐輪場があるとも記されている。

いずれにしろ中心市街地にはかなりの規模の地下駐車場があることは確かだ。

それなら広島市でもこれら地下駐輪場を全て機会式の立体駐輪場としたらどうだろうか。
天井までの高さはどこもかなりある。
3M程度はありそうだ。
その空間が空いている。
そのスペースをもっと有効利用するのだ。
そのスペースを機械式の立体駐輪場として、びっしり自転車を詰め込めば、現状に比べ、少なくとも3倍は入りそうだ。
新たに地下工事をするわけではないから、それほど工事費だってかからないだろう。

この5か所の駐輪場を機械式立体駐輪場に改修すれば、新たに「2820台×2=5640台の駐輪場ができる」ということになる。
これだけあれば、算術的には、中心市街地の違法駐輪の問題は殆ど解決するということになる。
後は広島市民のマナーの問題だ。

日本のロボット技術の発達は目覚ましいものがある。
自転車の機械式の立体駐輪場を作る技術もあちこちのメーカーで開発が進められている。
ネットで検索すれば、立体機械式駐輪場のメーカーは日本には何社もある。

自転車にICタグを付け、所有者がICカードを持って、自分の自転車を出し入れするという技術も開発されている。
原理的には機械式駐車場と同じだが、自転車には自転車にあった処理の仕方があるだろうと思う。

そんなメーカーに、地下駐輪場を立体機械式化する提案させたらいい。
新たに地下スペースは設けるわけではない。
機械式にして駐輪台数を増やすだけだ。
それほど工事費はかからないだろう。
案外ビジネスとして儲かるかもかも知れない。
税金を投入しなくても、いいかもしれない。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 「ヒロシマをさがそう」とNHK | トップページ | ブックカフェ・エスプレッシーボ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/47592698

この記事へのトラックバック一覧です: 機械式立体駐輪場化と地下駐輪場:

« 「ヒロシマをさがそう」とNHK | トップページ | ブックカフェ・エスプレッシーボ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30