広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« お好み焼きとキャベツ | トップページ | 電車の中で本を買う時代 »

2010年2月11日 (木)

フリーペーパーランド?

シャレオやアストラムラインの駅の電照広告看板が、数年前から、フリーペーパーの置き場所に変わってきている。

昔に比べ、今は地下の照明も随分と明るくなり、何も広告看板を裏から光を当てなければ、ポスターが見えないということもなくなった。

地下街の壁であっても、そこにポスターを貼るだけで、充分見えるようになった。
電照広告看板の必要性もなくなったようだ。

それならもっとそのスペースを有効に使かおうというのは、当然だ。

電照広告板のスペースは、裏に蛍光灯を置いているから、結構奥行がある。
10CM以上はありそうだ。

そんなスペースは、雑誌や新聞を置くのにはちょうどいい。
元々広告看板があったところだ。
目立つ場所であることは確かだ。

1_5

それに、近頃はアルバイト案内の雑誌、レストラン案内の雑誌、通信講座の案内の雑誌等フリーペーパーと呼ばれる無料の雑誌が急激に増えてきた。

コンビニの脇のラックにも、そうした類の雑誌が山と積まれているが、お店の中でなく、外に置かれていることが多いから、しばらくすると雨に濡れて、なんとも汚らしいゴミでしかなくなっていることが多い。

アストラムラインの駅の構内、シャレオの階段の途中に作られたこうした場所なら、雨にも濡れないし、目立つからフリーペーパーを置くには最高だ。
最近は広島市の広報誌「市民と市政」も置かれるようになった。

フリーペーパーランドというのも、上手いネーミングだ。

結構取っていく人がおおいのだろう、棚一杯にフリーペーが置かれていたのに、しばらくすると空になっている。

デジタルサイネージが進むと、このスペースはモニターTVを置くには、ちょうどいいスペースになりそうだ。
後何年かすると、ここにも今度は新しい形の電照広告板=デジタルサイネージのスペースになるのだろうか。

なんとも世の中の変化は激しい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« お好み焼きとキャベツ | トップページ | 電車の中で本を買う時代 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

広島市はデジタルサイネージの実証実験をしていましたよね。アストラムラインで市民に対する広告もいいですが、路面電車にこそ活用して、観光客にとって有益な情報流しはどうかと思います。外国人観光客への情報提供はITをガンガン使って行って欲しいものです。

亀田正気様

コメント、ありがとうござます。

そうですね。
路面電車でもデジタルサイネージはどんどん進めて欲しいですね。
実証実験をやってますから、次は本格的導入になるだろうと思います。

期待したいですね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/47483866

この記事へのトラックバック一覧です: フリーペーパーランド?:

« お好み焼きとキャベツ | トップページ | 電車の中で本を買う時代 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30