広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ひろしまフードフェスティバル2009と地産地消 | トップページ | デザイナーズ家具とジェネリック家具 »

2009年11月25日 (水)

アストラムラインとデジタルサイネージ

11月8日から13日までの間、広島市でIETFの国際会議が開かれた。
インターネットに関する様々の基準を決める極めて重要な会議だという。
市内のあちこちでシンポジュームが開かれたり、展示会が開かれたりした。
メディアにも随分たくさん取り上げられていた。

シャレオ中央広場ではデジタイルサイネージ(電子看板)の実証実験も始まった。
50インチの大型ディスプレイが縦に置かれ、ネット経由でイベントやお店の広告が流されている。
画面は大きいし、随分ときれいだ。

ネットでデジタルサイネージについてのニュースを検索していたら、アストラムラインでもデジタルサイネージの実験をしているという記事を見つけた。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=235827&lindID=5

そこから、アストラムラインのHPに飛ぶと、デジタルサイネージを実験している電車の運行のスケジュールがわかった。
便利な時代になったもんだ。
何か気にかかることがあれば、ネットで探せばいいのだ。

アストラムラインのデジタルサイネージは、すでに設置されているフリースポットを使っているのだという。
それに凸版印刷の開発した技術を繋げて、ネットを通して受け取った情報をモニターに写している。
モニターが見られるのはたったの2編成、それもそれぞれ1両の車両だけだ。
どの車両で見られるのか、探すのに苦労した。
今回の実験はアキハバラ塾と凸版印刷とアストラムラインの3社の共同事業だという。

1_2

デジタルサイネージといっても、自宅で見るTVのCMが車内でみられるようになったというだけだから、それほどびっくりするわけではない。
まあポスターに比べ、画面が変化するから、みていて退屈しないといえばいえる。
退屈しのぎには、ちょうどいい。
結構見ている人は多い。

今回のアストラムラインの実験のように、動く移動体の中でも刻々と情報を流せるということであれば、地震が起こったりしたときとか、台風の時とかの緊急情報も流せるだろうし、沿線のイベント情報も流せるだろう。

これで企業の広告宣伝の仕方も、またこれで大きく変わることが予想される。
新しい時代が始まったということを改めて感じる。

しかし今回の実験は8日から13日までの極めて限定された期間だというのがちょっと残念だ。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ひろしまフードフェスティバル2009と地産地消 | トップページ | デザイナーズ家具とジェネリック家具 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46781080

この記事へのトラックバック一覧です: アストラムラインとデジタルサイネージ:

» アストラムラインとデジタルサイネージ: タウンNEWS広島 平和大通り [pligg.com]
11月8日から13日までの間、広島市でIETFの国際会議が開かれた。 インターネットに関する様々の基準を決める極めて重要な会議だという。 市内のあちこちでシンポジュームが開かれたり、展示会が開かれたりした。 メディアにも随分たくさん取り上げられていた。 シャレオ中央広場ではデジタイルサイネージ(電子看板)の実証実験も始まった。 50インチの大型ディスプレイが縦に置かれ、ネット経由でイベントやお店の広告が流されている。 [続きを読む]

« ひろしまフードフェスティバル2009と地産地消 | トップページ | デザイナーズ家具とジェネリック家具 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30