広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« SALON I-do うらぶくろ | トップページ | 映画「ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者~」 »

2009年11月 3日 (火)

広島西飛行場と都市型農業ビジネス

ナショナルフラッグキャリアの日本航空が事実上倒産した。
ついこの前まで、誰も想像すらしていなかったことが起こったのだ。

その日本航空は社員を9000人リストラし、子会社も半減させるという。
西飛行場を使用している鹿児島便、宮崎便を運行しているエアコミューターの全面撤退もほぼ確定的になった。

西飛行場を使う飛行機が実質いなくなってしまうのだ。
緊急用のヘリやセスナの基地として残すべきだという議論もある。
それにしても、現在使用している程の面積はいらないだろう。
地図上で計ってみると、約300M×2,000M→600,000M2程の面積がある。
海に面しているから、それほど広さを感じないが、ゴルフ場が一つできるほどの面積だ。

広島県も広島西飛行場から撤退したいと常々いっていた。

そろそろ、飛行場の跡地をどうするかについて、根本的に考えなおす時がきたようだ。

1_3

日本の食料自給率は、カロリーベースで、昭和40年度には73%であったが、年々下がり続け、今では41%だという。
広島市の食料自給率は3%だとも聞く。
海にも面しているし、市街地は狭く、後背地も広いだろうに、食糧自給率はびっくりするほど低い。

何かことあれば、大変なことになる。

中国からの輸入した食料品の安全性が問題になったこともある。
どうやって食の安全な確保するかということも問われるようになった。

食糧自給率を高めることは、日本にとって緊急の課題であるとは誰しもが思っているが、しかし広島市民の意識は極めて低い。
おかしな話だ。

それなら、西飛行場跡地を広島市民の食料生産拠点にしたらどうだろうか。

大豆は醤油、豆腐、納豆といった多様な食料品の原材料となっており、需要の広がりは大きい。
その殆どを輸入に頼っている。
自給率はたったの5%だという。

ここでは、まずその大豆の生産から始めたらどうだろうか。

水耕栽培の技術が確立しているトマトもいい。
土を使わない水耕栽培の技術でトマトを1万個以上実らせるということも可能になっている。
それにレタス、イチゴといった青果を作るのもいい。

敷地は太田川にも、海にも面しているから水は大量にあるが、濾過しなければ、使えないかもしれない。
副産物で採れる塩は瀬戸内海の歴史の再生として、別途商品化、販売したらいい。

しいたけ栽培の木に電流を流したら、収穫量が倍になったという話も聞いた。
農業と工学を結びつけた新しい形の農業もありそうだ。
水耕栽培、LED、ITによる制御といった最先端の技術を導入したらいい。
そうなれば広島のものづくりの技術の出番だ。
販売もネットで注文をとり、生産するようにしたっていい。

ここにそんな農産物の生産拠点ができれば、広島市民は毎日食べる野菜等の食材を直接買いに来られる。
ここなら新鮮で、かつ安全だということを確認して買うことができる。
少しくらい高くても買ってくれるはずだ。

ここで作った野菜を使って、料理するレストランがあってもいい。

地産地消の極限の姿を、ここでなら実現できる。

フード・マイレージという言葉もある。
中国等遠くから食糧を運べば、それだけCO2が排出されるということだ。
CO2削減にも大きく貢献するはずだ。

こんな広い土地が街の真ん中にあるなんて都市は他にはないだろう。

そこに製造、販売、教育に関するあらゆる種類の最先端技術を結集し、沢山の企業の集合した都市型農業ビジネスの拠点をつくるのだ。

ここは政府と、自治体の出番だ。
広島市が中心になり、地元企業のイズミ、フレッサ、生協、マツダ、中国電力、広島工業大学等あらゆる組織を動員したらいい。

広島西飛行場跡地に広島型都市農業ビジネスの基地をつくることは、広島市民の食を確保するだけでなく、新たな産業を起こすことにもなり、新たな雇用を創出することになる。

「世界のモデル都市・広島」の姿を示すことにもなる。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« SALON I-do うらぶくろ | トップページ | 映画「ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者~」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

観音ねぎって地元じゃ有名なんだけど、今でもこの空港の近くで作っている人がいるんだよ。昔は空港通りからでも耕作している人を見ることができたけど、今じゃ高齢化して止めたりいるんだ。
大規模化して空港跡地にそんなところができると面白いですね。

通りすがり様

コメント、ありがとうございます。

観音ネギって、ちょっとちいさめで、なかなかおいしいネギですよね。
このブログはそんな観音ネギを思い出しなが書きました。

観音ネギに限らず、地元でできた野菜が食べられるようになるといいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46569647

この記事へのトラックバック一覧です: 広島西飛行場と都市型農業ビジネス:

« SALON I-do うらぶくろ | トップページ | 映画「ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者~」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30