広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« シルク・ド・ソレイユと広島 | トップページ | コンクリートブロック塀 »

2009年9月 7日 (月)

庭のビフォー&アフター

TVの人気番組に、所ジョージの司会する「ビフォー&アフター」という番組がある。
古く、狭苦しい住宅も、改修したら、こんな素晴らしい家になりましたよというドキュメンタリー番組だ。
改修前の状態=ビフォー、改修後の姿=アフターというわけだ。
どの家にもそれぞれそれなりの歴史がある。
まだ貧しかった若い頃に作った住宅には、いろんな思い出が詰まっている。
そんな思い出を全て取り壊して、新しい家を新築するのでなく、思い出を出来るだけ残すように改修していく。
それを、建築家はどんな風にやるのかということも面白いし、工事にかかわる人たちの奮闘振りも興味深い。
出来上がって、初めてそれを見た、家族の驚きの様子は、TVを見ているこっちも一緒に感動する。

改修工事とはいえ、その金額の安さにも驚く。
そんな金額で、あれだけ綺麗になるんなら、うちもやろうと誰しもが思うだろう。

ビフォー&アフターはなかなかの人気番組になっている。

先日のTVで、今度は「住宅の庭のビフォー&アフター」を取り上げていた。
家は改修したが、庭は以前のままというのでは、やはりおかしいということになったようだ。

今度は「造園家」の登場だ。
単に植栽に工夫をからすだけでなく、改修した住宅で不要になった材木を使って塀を作ったり、キチンの流し台を使って小さな池をつくったりしていた。
出来栄えは感心するほどではなかったが、まあ確かに庭らしくはなった。

豊かな時代になって、住宅の改修も一段落したら、庭をもっと綺麗にしようというのは、自然の流れだろう。

日本には後楽園や兼六園といった大名の有名な庭園があるが、そうした作庭の手法だけでなく、町屋の坪庭という手法もある。
盆栽なんて手法もある。
草月流や池坊といった生け花のノウハウもある。
作庭のノウハウは色々ある。
それらを応用したら、住宅の庭もかなり美しいのができそうだ。

学校の校庭も、今までは、グランドがあって、鉄棒が置かれていれば充分という感じだった。

近頃は土のグランドより、芝生のグランドの方が生徒の活動は活発になるという研究もされている。
木だって、校庭の周りに植えてあればいいってもんでもないだろう。
校舎、病院、オフィスビル等の外壁、屋上を緑化するということも始められた。

マンションのテラスも植木鉢を置いているだけでは、皆満足しなくなった。

もっとお金をかけてもいいから、もっと環境にいい緑化、健康にいい緑化、見て美しい緑化をしようというように変わってきた。

これからの時代にあって、庭師や造園家、ランドスケープデザイナーといった人たちに期待される仕事は多様にありそうだ。

そんな兆しを、YV番組「庭のビフォー&アフター」に見た。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« シルク・ド・ソレイユと広島 | トップページ | コンクリートブロック塀 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46102447

この記事へのトラックバック一覧です: 庭のビフォー&アフター:

« シルク・ド・ソレイユと広島 | トップページ | コンクリートブロック塀 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30