広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 核密約と官僚の政権移行への準備? | トップページ | オープンカフェ・ポンテと折り鶴 »

2009年9月18日 (金)

被爆建物・旧陸軍被服廠→折り鶴保存館

2009年7月11日の読売新聞に、「旧陸軍被服廠の建物を、所有する広島県は、財政難から解体する方針を固めた」との記事が載っていた。

維持には年間40~400万円かかり、改修するのには1棟で30億円が必要だという。
4棟あるから、改修するとすれば120億円ということになる。

とてつもない額だ。

建物の面している道は狭く、アクセスも悪い。

そうしたこともあってか、この10年以上の間、使われることはなかったという。

1

この建物は、貴重な被爆建物であることもあって、市民からも保存を願う声は強い。

旧陸軍被服廠として建てられたが、レンガの外壁はなんとも美しい。
この建物が建設されたのは1913年というから、もう築後100年近くになる。
建築学的に見ても、その価値が高いだろうことが覗える。

それだけ高い価値が認められているのに、改修するのに膨大なお金がかかるからという理由だけで、解体してしまうのは、あまりにもったいない。

改修費だって、目的や工事方法によっても大幅に変わってくるはずだ。
大幅に減らすことだって可能だろう。

建物の使い方だって、考えようによっては色々あるはずだ。

秋葉市長が、いずれどこかに作りたいといっている「折り鶴の保存館」に改修するというのも、理に適った使い方だと思う。

秋葉市長は、広島市発行のメルマガ「ひろめーる」に、
「広島に届けられた折り鶴を焼却処分してしまうのは、その届けた人の思いを無視するに等しい。
広島に届けられた折り鶴はすべて保存し、展示すべきだ。
膨大に積み上げられた折り鶴を見れば、人々平和への思いがどれだけ強いかを感ずることができるはずだ。
届けられた折り鶴は、一望できる状態にして、展示すべきだ」
という趣旨のことを書いていた。

それなら、この被爆建物・旧陸軍被服廠を、折り鶴の保存、展示の場にすることこそ、相応しいだろうと思う。
その最大の理由は、この建物が被爆建物であることだ。
そして二つ目が、この建物が元工場であったことで、天井も高く、スペースも広いはずだ。
展示された折り鶴を一望することができるだろうと思う。
今は立ち入り禁止になっていて、中に入ったことがないから、想像するしかないが、多分そうだろうと思う。
三つ目は、折り鶴保存館としてなら、殆ど現状を変更しなくて済むだろうと思う。
改修のための工事費もそれほどかからないだろうと思う。
例えば、改修費を坪20万円とすれば、現在の延べ床面積は約2万M2、6千坪というのであるから、約12億円でできるはずだ。
県のいう1棟30億円というのはいささかおかしい。

必要な改修工事費用は、広島市平和都市建設法に基づき、国から支援を受けることも考えられるだろうと思う。

或いはまた、世界中の人から寄付を募るということも考えられる。
広島に送られてくる折り鶴は毎年1,000万羽という。
1人10羽の折り鶴を折ったとすれば、毎年100万人の人から送られてきていることになる。
そうした人の10人に1人が、折り鶴の保存のための基金として、1人当たり1,000円送ってくれれば、年間約1億円の基金が集まるという計算になる。

1億円もあれば、その年に送られてきた折り鶴を保存するスペースを改修するには充分な額だろう。

それほどの額が集まらなければ、その年に集まった金額の範囲内で、保存館としての改修工事をすればいい。
20年かかっても、50年かかっても、100年かかってもいい。

そもそも折り鶴を保存するということは、そうした沢山の人々の思いを尊重しようということであるから、年月をかけて少しずつ整備、充実していくことの方が、却って価値が生まれてくるともいえる。

「被爆建物・旧陸軍被服廠→折り鶴保存館」
このレンガの美しい建物が新しい存在価値が付加され、生き返るのだ。
ちょっとした広島の名所になるだろうと思う。

広島を訪ねてきた人は、原爆ドームと平和公園を見たら後は行く所がないということもよく聞く。
このレンガの被爆建物が、折り鶴保存館になれば、原爆ドーム、平和公園に次ぐ3カ所目の訪問施設となることが期待される。

そうなれば、広島市内での滞在時間も長くなり、宿泊客が増えることにもなる。
広島経済への波及効果も期待できる。

改めて旧陸軍被服廠を折り鶴保存館として改修し、存続することを求めたい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 核密約と官僚の政権移行への準備? | トップページ | オープンカフェ・ポンテと折り鶴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46200914

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆建物・旧陸軍被服廠→折り鶴保存館:

» ヨン様入院 ペ・ヨンジュン倒れる 来日予定はどうなる? [ペ・ヨンジュン ヨン様たおれる! 冬のソナタ]
人気俳優のペ・ヨンジュン ヨン様 がたおれ、ソウル市内の病院に入院。 [続きを読む]

» ヨン様来日 東京ドーム 冬のソナタ ぺ・ヨンジュン [ヨン様サイコー ペ・ヨンジュン祭り]
ペ・ヨンジュン ヨン様たおれる!でも無事退院 冬のソナタ [続きを読む]

« 核密約と官僚の政権移行への準備? | トップページ | オープンカフェ・ポンテと折り鶴 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30