広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 3人乗り自転車の解禁? | トップページ | 64年目の夏・原爆忌前後 »

2009年9月 3日 (木)

発展する「影絵展」

 本通りから平和公園に通じる元安橋東詰めで5回目を迎えた「小さな祈りの影絵展」
 今年のテーマは『家族』です。
 5日の午後5時前から始まった準備は日暮れまでに整って完了。
 女学院、城北、なぎさ学園の生徒達は3回のワークショップで、半年以上前から取り組んできた成果が展示されるとあって、早くから参加して見守った。

1_32

 日暮れとともに、恒例になった影絵を見るために足を運んで下さる常連さん、関係者のお知り合いが顔を見せて下さる。1年振りの逢瀬を懐かしみながら会話が弾んでいる。
 今年は映画の周防監督の妹さんで画家のまり子さんが4日から3日間ギャラリーGで友人と二人展「NO MORE WAR EXHIBITION」を開き、監督の従兄で映画[shall we ダンス]「それでもボクはやっていない」の音楽監督の周防義和さんが長野から自分のユニット「yukkoダダルカ」を引っ張って広島に登場してコンサートを開いた。6日には、原爆ドーム対岸の慰霊の音楽会にも初登場し、影絵展にも顔を見せて華やいだ。
 毎年、顔を見せる東京のYさんは今年も息子職場の仲間や友人5人で、パリの大学で勉強中のDさんも顔を見せた。新しい文化交流広場だ

3

 影絵展のプロデューサー部谷京子さんや作家の濱崎ゆう子さんの人間関係を手繰る人達も、年々増えて広島フアンが増殖中だ…。
 今年の特徴は作品の三分の一以上が幼稚園と3校の中学高校生の作品で、濱崎さんが当初から考えて来た“市民参加の影絵展”が見えて来た。
 <給食がはじまった:家庭団らん:城北中><かげおくり:楽しく遊ぼう:日々日常:女学院中高><母と子の愛情:一銭洋食の輪:なぎさ中高><平和と希望のエノキ:未来に向かって輝け!命:洋光幼稚園>と力作ぞろいだ。
 ワークショップの成果が家族の絆や結びつきと言うテーマに沿った形に発揮され、子供達の中に着実に平和の芽を育んでいるのが見とれる。来年以降の拡充発展が期待できる。
 小さな祈りの影絵展は<浜崎ゆう子:影絵プラネット http://kageepla.net >にあります。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 3人乗り自転車の解禁? | トップページ | 64年目の夏・原爆忌前後 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46074415

この記事へのトラックバック一覧です: 発展する「影絵展」:

« 3人乗り自転車の解禁? | トップページ | 64年目の夏・原爆忌前後 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30