広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

2009年8月29日 (土)

巨大折り鶴に挑戦

修道大学の学生たちが中心になって、両翼80M、高さ35Mの折り鶴に挑戦するという。
8月29、30日に修道大学駐車場に作るという。
面白い!
完成すれば世界最大の折り鶴としてギネスブックに申請するという。

1

折り鶴は幾何学的に見ても極めてレベルが高い論理だといえるそうだが、建築構造学的に見てもそれなりに理に適っている。
胴体部分の中心部に大きな塊があり、そこから伸びて羽、首、嘴が作られている。
先に行くほど細くなっている。
それを3次元に折った紙が支えている。

35Mの高さ、80Mの広がりを紙で実現しようというのはちょっと無理なような気がするが、すでに秋田では28Mの高さの折り鶴を実現しているという。
ということであれば、あながち無謀ということでもなさそうだ。
クレーンをつかったり、プラスチックを吹き付けたりと色々工夫の必要はあるだろうが、どんな工夫をするのか、それがまた興味をそそる。

折り鶴は沢山の数を折り、平和のメッセージを伝えようとする方法が一般的だ。
しかし今回修道大学の学生たちは世界最大の折り鶴を折ることで、平和のメッセージを伝えようとしている。

折り鶴にはこんなにも多様な表現の仕方があるということに驚く。

同時に、折り鶴は平和のメッセージを伝えるツールとしては極めて上手くできたツールだということにも感心する。

そうした諸々の背景があって、巨大折り鶴がギネスブックに取り上げられるということになったのだろう。
ギネスブックも粋なことをする。

ポスターにあるように、こんな折り鶴が市民球場跡地にできるだろう芝生広場に出現したら面白い。

昔円谷監督の映画に巨大な怪獣が街を破壊するシーンがあった。
次は世界を救う巨大折り鶴が原爆ドームの後ろに出現するのだ。
なんとも象徴的だ。

そうなれば、その時には世界中から観客、参加者が集まるだろう。
それだけで、数十万人になる?

新しい映画の製作も生まれるかもしれない。
期待したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>折り鶴にはこんなにも多様な表現の仕方があるということに驚く。

お前はコレばっかりだなww
もっと驚くべきことは他に山のようにあるんだがww
どんだけ視野狭いんだよwwwww

『何故原爆は落とされたのか』
 
日本人よ、何故 "Yes, we can." と言えるのだ!?

「原爆投下が終戦を早めた」という説は、
アメリカが原爆投下を正当化する為に、
今も言い張っているウソ話である。
「日本を降伏させるのに原爆投下は必要なかった」
という事実は、とっくに証明されているのだ。
それこそTBSの特番、
『"ヒロシマ"あの時、原爆投下は止められた』
でもやっていたほどの常識だ。
※(某キャスター氏のコメントは人間理解の浅薄さを証明する情けないものだったが。)

「天皇の地位保全」の条項さえ出せば、
原爆を投下せずとも日本は降伏すると
米国務次官・グルーは何度も主張した。
しかし大統領トルーマンは、
ポツダム宣言の草案から
「天皇の地位保全」を認める条項を
あえて削除した。
トルーマンは原爆を投下するまで
日本を降伏させたくなかったのだ!

○莫大な費用をかけて作った原爆を、
 議会対策の為にも使わなければならなかった。
○ウラン濃縮型と、
 ルトニウム型の2種類の原爆を、
 黄色いサルの住む都市で実験使用して、
 その効果を確かめる必要があった。
○戦後の世界秩序を巡って、
 ソ連のスターリンに
 脅しをかけておく必要があった。

原爆投下は終戦を早める為に
実行されたのではない!
ルーズベルトの急死で、
たまたま大統領になってしまい、
「つぶれた田舎の雑貨屋のおやじ」と言われて
全米国民の溜息を浴びていた
ハリー・トルーマンは、
自分の強さを誇示する為に、
何が何でも虫けら同然の日本人の上に
原爆を落としたかったのだ。
トルーマンは原爆を2個落とし、
目的を達成したら、グルーの案に戻り、
「天皇の地位保全」を日本に伝えた。
結局はトルーマンの計画通りに進んだのだ。
グルーの努力は実を結ばなかった!

『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』
(草思社)の著者、鳥居氏によれば、
ルーズベルトは、日本との戦争が長引けば
中国が内戦になる可能性が高まると考え、
ドイツを降伏させたあと、
一日も早く日本を降伏させるために、
グルーを起用した。
ルーズベルトは「天皇の地位保全」を主張する
グルーに希望を託したのだ。
ところがルーズベルトの急死、
トルーマンの大統領就任によって、
グルーの対日政策は無視される。
日本を降伏させるわけにはいかなかったからだ!
原爆を落とすために!
 
日本が主体の正しい歴史を知るには
小林よしのり『戦争論』全3巻がおすすめです。

日本国民の為に、是非、先のコメントをUPしてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大折り鶴に挑戦:

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31