広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

2009年8月29日 (土)

巨大折り鶴に挑戦

修道大学の学生たちが中心になって、両翼80M、高さ35Mの折り鶴に挑戦するという。
8月29、30日に修道大学駐車場に作るという。
面白い!
完成すれば世界最大の折り鶴としてギネスブックに申請するという。

1

折り鶴は幾何学的に見ても極めてレベルが高い論理だといえるそうだが、建築構造学的に見てもそれなりに理に適っている。
胴体部分の中心部に大きな塊があり、そこから伸びて羽、首、嘴が作られている。
先に行くほど細くなっている。
それを3次元に折った紙が支えている。

35Mの高さ、80Mの広がりを紙で実現しようというのはちょっと無理なような気がするが、すでに秋田では28Mの高さの折り鶴を実現しているという。
ということであれば、あながち無謀ということでもなさそうだ。
クレーンをつかったり、プラスチックを吹き付けたりと色々工夫の必要はあるだろうが、どんな工夫をするのか、それがまた興味をそそる。

折り鶴は沢山の数を折り、平和のメッセージを伝えようとする方法が一般的だ。
しかし今回修道大学の学生たちは世界最大の折り鶴を折ることで、平和のメッセージを伝えようとしている。

折り鶴にはこんなにも多様な表現の仕方があるということに驚く。

同時に、折り鶴は平和のメッセージを伝えるツールとしては極めて上手くできたツールだということにも感心する。

そうした諸々の背景があって、巨大折り鶴がギネスブックに取り上げられるということになったのだろう。
ギネスブックも粋なことをする。

ポスターにあるように、こんな折り鶴が市民球場跡地にできるだろう芝生広場に出現したら面白い。

昔円谷監督の映画に巨大な怪獣が街を破壊するシーンがあった。
次は世界を救う巨大折り鶴が原爆ドームの後ろに出現するのだ。
なんとも象徴的だ。

そうなれば、その時には世界中から観客、参加者が集まるだろう。
それだけで、数十万人になる?

新しい映画の製作も生まれるかもしれない。
期待したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/46038392

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大折り鶴に挑戦:

« 黒田・中沢の「反核コラボレーション」 | トップページ | 河口さんとアキハバラ塾とカナダ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30