広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« マニフェストと財源問題 | トップページ | ソーラーカーと交通科学館 »

2009年8月23日 (日)

ドライミストとパセーラ前広場

パセーラ前の広場のあちこちに白い霧が噴き出すポールが設置されている。
手をかざしても、濡れない。

ドライミストと呼ばれる技術だ。

水を霧状に吹き出し、熱を下げる。
夏、庭や玄関先に水を撒くと涼しく感じるが、それと同じ原理だ。

NTT都市開発もシャレたことをする。

このドライミストが設置されてから、この広場に座る人が増えたように感ずる。
皆、なんとなく涼しくなったように感ずるようだ。

1

ドライミストの研究は2003年ごろからすすめられていたようだが、2005年に愛知県で行われた愛・地球博で導入されたことで注目を浴びたのだという。

「水に圧力をかけて霧状に噴出し、それが空気中で蒸発するときの気化熱吸収作用を利用して、周辺の気温を下げる。噴射される霧の粒径は 16μmと極めて小さいため、噴射されてすぐ蒸発する。
白く見えるのは城発している状態だ。
霧に触れても、濡れたと感じはしない。
ドライミストは周辺の気温を2~3度下げる効果がある。
電気代もエアコンの1/4~1/8程度である」
という。

いろいろ考える人はいるもんだ。

これなら、エアコン設備がないオープンカフェにも使えそうだ。
すぐに蒸発するといっても、湿度は高くなるのだろうから、壁面緑化の水遣りと組み合わせたらどうだろうか。

デザインだってもっと格好いいのをつくれば、街中のあちこちで使われるようになるだろうと思う。

「ドライミスト」
しかし上手い技術だ。
ちょっとした生活の知恵というやつだろう。
感心した。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« マニフェストと財源問題 | トップページ | ソーラーカーと交通科学館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/45992187

この記事へのトラックバック一覧です: ドライミストとパセーラ前広場:

« マニフェストと財源問題 | トップページ | ソーラーカーと交通科学館 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30