広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 豆匠 | トップページ | “ゲンの多言語化リーダー”は肝っ玉母さん »

2009年8月20日 (木)

英語版完訳・世界へ飛び立て「はだしのゲン」

 4月から準備をして来た「はだしのゲン」の英語版10巻の完訳記念の出版祝賀会が開かれた。プロジェクト・ゲンが2代・15年にわたる努力の成果で各方面から高い評価を得た。

 26日に広島市のメルパルクで開かれた「英語版10巻完訳記念『世界に飛び立て はだしのゲン』応援出版会」にはタイや中国、ウクライナからまた国内では東京から沖縄まで40人、県内から62人総計105人が参加した。

 「はだしのゲン」の誕生は昭和46年、当時170万分の発行を誇っていた「週刊・少年ジャンプ」誌上に連載さ、昭和50年(’75年)に単行本化されて爆発的な人気を集めた。
 昭和51年には最初の英語版が出来、話題を呼んだ。その初代プロジェクト代表で当時27~8だった大嶋賢洋さんや米国人翻訳家のアラン・グリースンも駆けつけてくれた。30年余ぶりの対面だが、しっかり互いに顔覚えていた。彼も還暦を迎える年になっている。

 2代目プロジェクト・ゲンの代表を務める浅妻南海江さん達主力部隊の金沢の皆さんとは初対面だ。メールと電話での打ち合わせを重ねて、やっと開催にこぎ着けた。
             
1_423

 オバマ米国大統領の「核兵器のない世界」プラハ宣言で停滞していた世界の平和・反核勢力に灯りを点した事に並行してこの日の取材は東京、大阪、金沢、に広島のTV&Rに新聞陣合わせて40人が入り乱れての取材合戦になった。NHK国際放送局は在日外人と海外に向けた多言語で8・6特集で世界に発信してくれる。「ゲン」の吸引力を改めて認識した。

 “オバマジョリティー”の生みの親、秋葉市長は「はだしのゲン」に出会わなかったら私は広島に住み市長を務めていなかったかも知れない、『英訳:ゲン』が世界に向かってさらに大きく飛び立って欲しいと激励した。

 盛りだくさんなエンターテイメントを準備した。ゲンをあしらった色紙にオバマ&ファミリーに宛てたメッセージの書き込みも参加者全員が心をこめてしたためた。
3時間の「ゲン:英訳」出版激励会はあっという間に経ってしまった。
ユニークな参加者と多様な出し物の内容を引き続き、伝えます。<続く>

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 豆匠 | トップページ | “ゲンの多言語化リーダー”は肝っ玉母さん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/45915427

この記事へのトラックバック一覧です: 英語版完訳・世界へ飛び立て「はだしのゲン」:

« 豆匠 | トップページ | “ゲンの多言語化リーダー”は肝っ玉母さん »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30