広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« シネマ・カフェ | トップページ | 証言「原爆孤児」 »

2009年6月29日 (月)

国際デザイン・コンペ -広島南道路の橋

太田川放水路と広島西飛行場を跨ぐ広島南道路の橋のデザインが国際的なコンペで募集された。
その応募作品が広島市役所内1Fロビーで公開されていた。
海外からの2点を含む15点の応募があったという。
高さ2.3Mのボードにそのデザインと設計意図が書かれていた。

瀬戸内海の多島美と波をデザインした橋とか、広島の過去、現在、未来を象徴したという3連のアーチ橋とか、いろいろテーマを設定したり、橋を通して宮島を望んだイメージを表現したりと、多彩だ。

個人的には、なんの理屈もいわず、ゆったりとしたウエーブのアーチ橋のデザインが気に入ったが、広島市の市章にもなっている3本の川をチープにしたデザインは斬新で面白い。
タイトルはTHE RIVER OVER THE RIVERという。
綾とりの糸のような縦の細い柱が川面の波のようでもある。

1_3

でもその3層になっているその大きな桁が橋の北側だけにある理由がよくわからない。
道路の中央分離帯にあったほうがバランス上もいいと思うが、どうして片側に寄せたのだろうか。

コンペの対象となった橋は、長さは800M、既存の道路との接続もあり、結構複雑だ。
総工事費予算は140億円と示されていたようだ。

2013年の完成予定というから、4年後には完成することになっている。
極めて具体的な計画である。

普通はコンペでデザインを募集して建設するようなことをすれば、予算をオーバーするのが当たり前だが、今回応募された案はすべてが140億円を大幅に下回っている。
中には工事費90億円近いのもある。

平和大橋の脇に作られる予定の歩道橋のデザインも先日コンペで決まった。
そして今回の南道路の800Mもある大きな橋のデザイン・コンペだ。

この2つの橋が完成すれば広島のイメージも大きく変わるだろうことは確かだ。
広島市も粋なことをする。

橋のデザインがいままで市民にこんなに注目されることはなかった。

いつの頃からか、橋をはじめとする土木的インフラはその役割、構造的技術が強調されるあまり、そのデザインが注目されることは殆どなかった。

今回のコンペは、そうしたことでは、土木の技術者にとっても画期的なことだったと思う。

広島高速の高架の自動車道だってもっと美しくあって欲しいと思う。

これを機会に、広島市内の沢山の土木的施設が景観という視点から見直されることを願っている。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« シネマ・カフェ | トップページ | 証言「原爆孤児」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/45385813

この記事へのトラックバック一覧です: 国際デザイン・コンペ -広島南道路の橋:

« シネマ・カフェ | トップページ | 証言「原爆孤児」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30