広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 日本焚き火学会 | トップページ | 映画「ありがとうの物語」 »

2009年5月10日 (日)

エコ都市は地方主導で

エコカーの受注が凄いと聞きます。今月発売の新型ハイブリッド車は、今から注文しても納車は秋以降になるそうです。発売日以降の注文では年内の納車は難しいということです。しかも、これに優遇処置が加わるので、更に売り上げも伸びることでしょう。

しかし、最大のエコカーはなんと言っても自転車です。我が家の子ども達も通学には常に自転車を利用してきました。大学になっても途中までは自転車通学です。ただ、エコではあっても、親としては自転車が必ずしも安全な乗り物でないことには心配があります。

最近、宇都宮市が道路を少し変えることで自転車の事故を4割も減らしたという記事を見ました。4割削減というのは凄いことです。宇都宮市の行ったことは、決して特別なことではなく、ヨーロッパの自転車先進国のスタンダードに習っただけだと言います。それは、日本のどこでもできる、たった2つのことだそうです。

(1)対面通行を避ける=自転車の左側通行を徹底する。
(2)自転車に歩道を走らせない=自転車の専用レーンを車道側に設ける

ヨーロッパの自転車先進国や宇都宮市の例が、そのまま日本の全ての都市でも通用するのかどうかは分かりません。それぞれの都市による交通事情の違いもあると思うからです。しかし、事故を4割も削減できるとすれば、十分に検討の余地はあるはずです。

以前、PTAとして通学路の安全のために運動した時、大きな障害になったことがあります。それは交通を管轄するのが警察だということです。つまり住民や地域のことを最も理解している基礎自治体だけではできないということです。警察の視点は事故をなくすということにもあるはずですが、エコよりは自動車優先というところがあります。つまり渋滞の緩和が最優先だということです。もちろん渋滞緩和もエコや事故の防止に繋がりますが、場合によっては必ずしも安全やエコにならないこともあります。

中央から地方へという流れの中で、是非、道路や交通に関わることも基礎自治体に任せて欲しいと思います。そうすれば、こういうエコや安全に関する改革もスムースに進むと思うのです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 日本焚き火学会 | トップページ | 映画「ありがとうの物語」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確かに警察は自動車優先のような気がします。日本、特に都市部はアメリカの自動車社会ではなく、ヨーロッパのような自転車先進国に学ぶべきことが多いように思います。

宇都宮市のような事例があるのであれば、もっとマスコミも取り上げて欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44917195

この記事へのトラックバック一覧です: エコ都市は地方主導で:

« 日本焚き火学会 | トップページ | 映画「ありがとうの物語」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30