広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« “YES! GITEISY0”キャンペーン発進へ | トップページ | 小沢辞任と政権交代 »

2009年5月26日 (火)

ヒロシマ・ピースフォーラムの役割と期待

 広島平和文化センターの原爆や平和の問題について実践活動をしている専門家から学ぶ初心者向けの講座「ヒロシマ・ピースフォーラム」が今年も9日から始まった。
 講座を通じて原爆被害の実相や核兵器廃絶の様々な取り組みや世界の動きについて理解を深め、平和の担い手を育成するのが目標で、今年で8年目。初参加した。
 
 参加者は20代から80代と幅広く、50名の募集だったが何と倍の97人でスタートした。これは広島市のピースボランティアの研修と広島市立大学の単位修得講座が併設されている為で、若者の姿が目立っているのが喜ばしい。月2回5~7月で6回の講座に11人の講師が多角的のテーマに沿って講義し、その都度参加者はグループ討議を重ねる。

 同じグループの女子大生は奈良生れ奈良育ちで、広島・長崎や平和問題に全く無縁で生きてきたが大学生になって、自分で勉強の機会を探してピースボランティアを目指して応募して、受講の為に毎回奈良から通ってくると言う。
 広島市を除く県内の小中学でも、県教委が平和教育の排除指導をし、現場が敬遠するようになって久しい。まして他県に於ける平和教育が厳しい環境にある事は想像に難くない。
 奈良の彼女が広島学習を通して何を学びどのように成長するかそばにいて見届ける事が出来るだけでもこの会に参加した意義を見つけたような嬉しい気持になった。
 また、知り合いが4人も参加しているのには驚くと共に心強いかぎりだ。

 この日の講義は「これからの広島を考える」がテーマで広島平和文化センターの本多常務理事が、平和市長会議が取り組んでいる2020年までの核兵器廃絶を目指す『2020ビジョン』<核兵器廃絶の為の緊急行動>について核兵器を巡る歴史を手繰りながら解説した。 
 秋葉市長が5日に国連でオバマ米国大統領のプラハでの「核なき世界」構想宣言を “オバマジョリティ(核兵器廃絶の支持多数派)“の新造語で支持表明した。「2020ビジョン・キャンペーン」が世界の各都市で支持が拡大し、オバマ構想と相乗的な拡大効果で「核兵器廃絶への道が開くチャンス」と展望と期待を示し、協力を求めた。

 このあと広島市立大学平和研究所の水本准教授が「ヒロシマの問題を深く掘り下げると同時に広い視野を持って原爆投下の背景や核軍拡について学ぶ」“ヒロシマを学ぶ意義”について講義し、10人単位に分かれてグループ討議で行った。ピースフォーラムを通じて何を学び、その成果をどう活かしていくか…もそれぞれの考えや思いを述べあった。
 
 今後は被爆の実相を知る為の被爆体験証言や被爆者運動に原水爆禁止運動の軌跡、子供の活動を通じて被爆体験の意味を考え、これからの広島について実践例を通して考え核兵器廃絶と世界平和の実現に向けて自分達に何が出来るか、グループ討議をしながら考える。

 64年目の8・6前に夫々が自分なりの平和活動目標を掲げられればいいと期待している。
厳しい面も指摘されているがが『核兵器廃絶の可能性がある時代を生きる者の務めとして』ヒロシマ・ピースフォーラムで学び実践に移す草の根市民の役割は大きい…と自覚を高めたい…。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« “YES! GITEISY0”キャンペーン発進へ | トップページ | 小沢辞任と政権交代 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/45124183

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマ・ピースフォーラムの役割と期待:

« “YES! GITEISY0”キャンペーン発進へ | トップページ | 小沢辞任と政権交代 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30