広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« レストランTUTTIと折り鶴 | トップページ | ステッキ(杖)の効用 »

2009年5月17日 (日)

サンフレッチェとアストラムラインと西風新都

プロサッカーチーム、広島サンフレッチェは広域公園のビッグアーチをホームグランドとしている。

広域公園に行くには、中市街地から離れていることもあって、殆どの人は車かアストラムラインかバスを使わざるを得ない。

平成14年には、市内中心部と西風新都を結ぶトンネル高速4号線が開通し、市内中心部から20分程度でアクセスできるようになった。
広域公園へのアクセスも格段に良くなった。
最近では、市内から高速4号線を通るシャトルバスも運行されるようになった。

しかし、アクセスが良くなったことで、西風新都の開発が進み、広域公園周辺の駐車場が年々減り、逆に車でのアクセスは難しくなってきているということも起こり始めている。

アストラムラインの役割が大きくなっているということである。

そうしたこともあってだろう、アストラムラインでは、サンフレッチェと連携して様々の活動をしている。
① アストラムラインはサンフレッチェ試合日には、臨時列車を増発している。
② 本通り駅・広域公園駅間は1日乗車券を使っても通常900円だが、サンフレッチェのチケットをもっていれば、600円になるという特別割引をしている。
③ 車内、駅の構内にサンフレッチェの試合予定日を表示したポスターも貼っている。
④ サンフレッチェの選手名鑑、チケットの購入方法、試合当日のアストラムラインの時刻表、HPのオフィシャルサイトを書いたガイドブックを全ての駅で配布している。
⑤ サンフレッチェをデザインしたアストラムカードを年に数回発行している。
⑥ シーズン初めには本通り駅、県庁前駅でサンフレッチェの選手と一緒にになって、PRをしている。
こうした連携は、双方にとって極めて意味のあることだというのがわかる。

サンフレッチェの果たす役割は、西風新都にとっても大きい。
サンフレッチェは西風新都のシンボル的存在となっている。
その西風新都は、まだまだ充分な開発余地を残している。
これからの街だ。

サンフレッチェの専用球場の必要性は今までもたびたび議論されてきた。
広島カープの新球場ができたことで、広島駅周辺、貨物ヤード周辺は、今凄まじい勢いで変わりつつある。

サンフレッチェ専用球場ができ、アストラムラインと広域公園とが一体になっての開発が進めば、西風新都もさらに素晴らしい街になるだろうことが予想される。
そんな開発が進むことを期待したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« レストランTUTTIと折り鶴 | トップページ | ステッキ(杖)の効用 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44993016

この記事へのトラックバック一覧です: サンフレッチェとアストラムラインと西風新都:

« レストランTUTTIと折り鶴 | トップページ | ステッキ(杖)の効用 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30