広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ヒロシマ・ピースフォーラムの役割と期待 | トップページ | 映画に見る“時代の小道具” »

2009年5月27日 (水)

小沢辞任と政権交代

 連休中に民主党の鳩山幹事長が軽井沢で開いた恒例の研修会に小沢代表が欠席したニュースを聞いて持病?でも出たのか、それとも“辞任を考えているのか”と直観的に思った。『小沢辞任』のニュース速報を見た時…「やっぱり…」との思いが重なった。

 会見に臨んだ小沢さんは「今度の総選挙は悲願の政権交代を実現する最大のチャンス。党内が乱れていては勝利できない。代表の職に留まることで、挙党一致の態勢を強固にする上で少しでも差しさわりがあるとするならば、本意でない」と説明した。
 公設秘書の逮捕・起訴に関しては「政治資金の問題についても、一点のやましいところもない。政治的な責任で身を引く訳でもない」と強調した。
 「挙党一致」と「政権交代」を繰り返し「挙党体制の一員として最前線で闘い続ける…」と言い総選挙で全力を発揮して政権奪取に協力する意欲を見せた。当然のこと…だ。

 自民党を飛び出して15年。民主党に合流して5年。民主党代表になって3年。
 壊し屋、辣腕…と言われながら小選挙区制の導入に二大政党による政権交代の夢を追い続けた。解散がなくても9月には4年の任期満了を迎えて総選挙、自らが次の総理の座を得られる可能性が高まった時に秘書の逮捕。“国策捜査“などと反発し党首の座に固執しているかに見えた…が。“小沢辞任”で改めて、自分が首相になることでなく民主党が政権を奪取することが何よりも重要である事が、時間を置くと徐々に理解されることと思う。

 5月5日の当ブログで新聞の投書欄に載った記事<小沢さんに対する高校生の目>を引用して小沢さんと当面の民主党に対する若者の見方を紹介した。
 『辞任は「責任からの逃げ」であり、本当の責任の取り方は地位に留まり…批判の矢面に立ちながらも責務を全うすること…それは総選挙に勝って政権交代を果たすこと…これが本当の責任の取り方と思う…』
 この高校生の意見も実は同じ意味合いだと思う。民主党の挙党一致が大切であるとの意味合いが大きく、同じ政権交代への思いで民主党を支持している人は多いと思う。
 何はともあれ一度、民主党が政権に就くことを期待し、日本に政権交代が可能な政治状況をつくることをひたすら待っている人達の期待を裏切らないでほしい…と思う。

 小沢辞任はそうした期待にこたえようとするもので新しい代表が鳩山であろうと岡田であろうと『挙党一致』体制をより強固にして、来るべき総選挙に当たる…事が重要だ。
 マスコミ報道に政権交代待望者は付和雷同しないことも大切なことのように思う。
 小沢辞任が民主党の結束をいっそう強める契機であることを願いたい。この記事が掲載される頃は民主新体制が『挙党一致』で安定発足してことを祈る。  <5月12日記>

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ヒロシマ・ピースフォーラムの役割と期待 | トップページ | 映画に見る“時代の小道具” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/45124324

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢辞任と政権交代:

« ヒロシマ・ピースフォーラムの役割と期待 | トップページ | 映画に見る“時代の小道具” »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30