広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 雁木タクシー・広島 | トップページ | 広島新球場の初戦 »

2009年4月30日 (木)

楠とエコ

先日、久しぶりに朝早く、平和大通りを歩いた。

朝日に映え、新緑は何とも美しかった。
朝の冷たい空気もまた気持ち良かった。

常緑樹である楠の葉は4月中旬から5月にかけて葉が生え換わる。
新しい葉が生えてきて、古い葉を落としていく。
まだ生え換わらず、茶色の葉が一部に残っているところもある。
下に落ちた茶や赤の枯れ葉もまたきれいだ。
秋の落ち葉と違った風情がある。
落ち葉を踏んで、新緑の木の下を歩くのは、なんとも清々しく、気分がいい。

1_2

楠に付けられたプレートには、「この木1本で、人の吐くCO2の2日分が吸収されます」と書かれている。
2日分?
随分少ないなとも思うが、人間の体にとっていいことは確かなようだ。

低炭素社会=エコ社会の実現ということが、今時代のテーマとなっている。
このまんまCO2を排出しつづけると、南極の氷、氷河の氷は溶けて、水面が上昇して、大変なことになりますよという警告が発せられている。
だから車から電車に乗り換えましょうとか、いろんな対策がいわれている。

しかし、こうして楠の下を歩くと大変気持ちがいい。
気持ちがいいということは、楠木がCO2を吸収してくれ、楠の下を歩くことが、人間の体にとっていいからだろう。
要するに気持ちがいいという人間と環境とのハッピーな関係を創り出せば、それが自ずとエコになると思えばいいようだ。
いつでもどこにでもそんなハッピーな関係があるわけではないだろうが、エコ、エコと声高に叫ばなくとも、ともかく人間にとって気持ちいいと感ずるような環境を作ればいいわけだ。
理屈は簡単だ?

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 雁木タクシー・広島 | トップページ | 広島新球場の初戦 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44809483

この記事へのトラックバック一覧です: 楠とエコ:

« 雁木タクシー・広島 | トップページ | 広島新球場の初戦 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30