広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「お花見ライブ」コンサート | トップページ | ベストエフォートです »

2009年4月21日 (火)

オバマ大統領「核兵器のない世界」への決意と広島

 一日にロシア大統領と大幅な核兵器削減を目指す合意をしたばかりのオバマ米国大統領は5日、チェコのプラハで米国大統領として初めて「核兵器のない世界」を目指す構想を発表した。北朝鮮のテポドン騒ぎの陰で、米ロ首脳会談では見えにくかった「核兵器廃絶への道筋」がある程度読める内容で今後、広島が改めて取り組む課題も見えてくるようだ。

 この目標に対するオバマ大統領の決意は『唯一の原爆を使用した核保有国として「核兵器のない世界の実現にむけ」米国には道義的責任がある』と最初の核開発と使用に加え開発競争と核拡散を結果的に促進してきた米国の責任の重さに思いが込められている。

  米国での包括的核実験禁止条約(CTBT)批准の推進や米ロ二国間から多国間の核軍縮への進展、更には核拡散防止条約(NPT)の強化などオバマ大統領が言及した内容のほとんどは被爆地広島・長崎をはじめ世界の平和勢力がこれまで核保有国に訴え続けて来た事ばかり…との指摘の通りに違いない。

大統領は固い決意を表明したその一方で「ゴールはすぐにたどり着けないだろう。おそらく私が生きている間ではないかもしれない…」と“道のりの遠さ”も予測しながらも「あきらめることは簡単で、臆病なことだ」と構想実現に向けて自らを奮い立たせている。
 
 オバマ大統領に決断させた背景にはブッシュ時代の強硬なイラク戦争の推進や米国の核政策を推進したキッシンジャー元国務長官らによる「核兵器廃絶」の提唱など米国内の政治を取り巻く環境の変化と何よりもイラクで膨らんだ赤字財政解消が潜んでいるようだ。

 加えて、オバマ大統領は大統領予備選の’07年10月20日、シカゴのデュポール大学で開催中の「ヒロシマ・原爆展」に遭遇して触発され、このあと始めて「核兵器のない世界」を発言し、以後選挙戦を通じても度々「核のない世界」を発言してきた…事はあまり知られていない。
 上記の事実を知っている「原爆展」を推進している広島の人達は、オバマ大統領の「核のない世界」構想の生みの親は「原爆展」だったとみており、実現へ向けた協力を惜しみなく送る覚悟をしている。

 日本政府は15年連続で国連に核軍縮決議案を出し、米国は一貫して反対してきた。しかし、ここでオバマ政権が賛成にまわるチャンス到来だ。唯一の被爆国として日本が変革する米国とどう連携して道を切り開くか、日本外交の力量が問われる。

 秋葉市長は「被爆者が発し続けた核兵器廃絶の声が届いた…」とオバマ構想を評価し、一年以内の開催を考えている“核安全サミット”の広島誘致や大統領の広島訪問などを働きかける考えで、ワシントンへ乗り込む意気込みが求められよう。

被爆者や広島・長崎市民に平和団体の出来るだけ連帯呼応した活動が期待される。
「世界平和市長会議」が提唱している“核廃絶を’20年目標にするヒロシマ・ナガサキ2020議定書”を来年5月の国連総会のNPT再検討会議の議題に取り上げるための市民運動の盛り上がりも期待されるなど、改めて広島の市民力や日本の平和力が問われることになる。

秋の来日が検討されていると言うオバマ大統領の来日?
新しい道のりをより確かに、より早く確実なものにするためにオバマ大統領の広島訪問を実現する働きかけも焦眉の急となって来る。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 「お花見ライブ」コンサート | トップページ | ベストエフォートです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44681807

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領「核兵器のない世界」への決意と広島:

« 「お花見ライブ」コンサート | トップページ | ベストエフォートです »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30