広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 人気タレントの逮捕と家宅捜索 | トップページ | 平和活動家・黒田征太郎の原点 »

2009年4月27日 (月)

動き出す「2020ビジョン」市民運動と大物助っ人

 21世紀を、核兵器の恐怖と共に生きるのか、核兵器のない地球にするのか、いま地球上の人類は重大な岐路に立っている。
 ヒロシマ・ナガサキ議定書(2020ビジョン)は「2020年を核兵器廃絶の目標年」に世界2800の都市が加盟する平和市長会議が提唱している「核兵器廃絶の為の確かな道筋」だ。
 残念ながら日本の国内では平和市長会議への加入の働きかけが消極的だったため参加都市が少なく、一般市民にもまだよく知られていない。
  
 唯一の被爆国として日本政府が国連の場で核兵器廃絶に向けて行動するように働きかける運動が大変重要になって来る。その為の行動を広島長崎から起こして行くことが重要だ。
 今年5月、国連のNPT(核拡散防止条約)再検討準備会議、10月の国連総会、来年のNPT再検討会議本番に向けて“2020ビジョン”の理解と協力を全国にPRして行く市民運動『2020ビジョン・キャンペーン』を<平和交流会>が中心になって立ち上げる。
 
 これを一刻も早く、スタートしようと連帯を呼びかけているのがイラストレーターで“平和で豊かな世界の実現を目指している=ピカドン・プロジェクト”の黒田征太郎さんだ。
 黒田さんは友人で作家の野坂昭如さん原作の「戦争童話集」の出版や映像化、NYに住んでいた’01年9・11の同時テロを間近に見て「立ち上る黒煙が原爆のきのこ雲のように見え」「広島長崎の記憶を伝える作品を作ろう」と決意して被爆60年にアニメーション映画「忘れてはイケナイものがたりヒロシマ・ナガサキ」の制作をした。
 きのこ雲ときのこ雲をひっくり返した水差しに植物を入れて育てる…そのイラストをシンボルに“平和で豊かな世界の実現を”めざす草の根平和活動として『ピカドン・プロジェクト』をNYやベルリンなど世界各地で巻き起こしている。

1234

 その黒田さんが難しい「2020議定書」を詩や絵本にして、全国を車や自転車でキャラバンをしようと言う被爆者たちと販売普及し、文化人や芸能人の応援団も結成しよう…と積極的で、広島の草の根グループにとっては鬼に金棒の助っ人だ。黒田さんは、この日初めて交流会に参加したペルー人高校生に、サラサラと書いたピカドン画を渡して「一緒にやろう」と激励した姿が爽やかだった。彼女にとって、きっとバネになるに違いない…。
 間もなく事務局の場所が決まり運動へ参加する幅広い個人と組織へ『核兵器廃絶』の一点で結束しよう…と呼びかけも始まる。多くの参加を期待したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 人気タレントの逮捕と家宅捜索 | トップページ | 平和活動家・黒田征太郎の原点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44772007

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出す「2020ビジョン」市民運動と大物助っ人:

« 人気タレントの逮捕と家宅捜索 | トップページ | 平和活動家・黒田征太郎の原点 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30