広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 車の名義変更とネット | トップページ | 袋町のお店 F・I・L »

2009年3月24日 (火)

フランス製の車と文化

数年前、友人からフランス製の中古車を譲ってもらった。
なんとも変な車だ。

元々左ハンドルの車だから、ウインカーはハンドルの左に付いているし、ワイパーは右に付いている。
ときどき間違えて、雨も降っていないのにワイパーを動かしたりしてしまう。

まあそれはいいのだが、ラジオはちゃんと動かないし、スピードメーターも壊れた。
ともかく電気系統は全然だめだ。

ブレーキを踏むとキーキーいうから、ブレーキパッドも替えた。
フランス製の車は、そもそもブレーキパッドが元々薄いのだという。
ハンドルのパッキンも取り替えた。

ある友人に「ラテン系の車に乗る時は、帰りのタクシー代をいつも持っていた方がいいですよ」と忠告された。
エーッ、なにそれ!
ラテン系の車はそのくらい簡単に故障するらしい。

ジャガーもよく故障するらしい。
ジャガーに乗っていた知人は、メーカーの整備士から、「ジャガーは、購入されたお客様に合わせて、これから作っていくのです」といわれたという。
凄い言い訳だ。
そんな言い方もあるのかと、妙なところで感心したことがある。

以前トヨタの車に乗っていたが、10年以上経っても、どこも故障しなかった。
日本の車が売れる理由がわかる気がする。
しかし、日本では修理工場は商売としてやっていけない、どんどん減っているという。
それもまた可笑しい話だ。

女房は「そんな変な車捨ててしまえ」という。

捨てたくもなるが、しかしなんとも面白い車なのだ。

車の座席は素晴らしくいい。
譲ってくれた友人は、腰が悪くて、この車を選んだといっていたが、それはよくわかる。
長時間座っていても、全く快適なのだ。
以前、最初の新幹線の座席をデザインした人間工学の権威小原二郎氏が、「どうしてか、ヨーロッパの椅子の性能を上手く真似できない」といっていたことを思い出す。
いくら形を真似しても、その座り心地の良さは真似できないのだという。
座りご心地はトヨタの車よりはるかにいい。

また日本の車なら、夜暗くなってヘッドライトをつければ、自動的にメーターのライトは点くのは当たり前だが、メーターのライトも、別途スイッチを押さなければ点かない。
そんな変なことってあるのかと呆れた。

日本の車は、こっちがいちいち指示しなくともやってくれる。
いわば、いたれりつくせりでやってくれる。

この車はいわなければ、やってくれない。
文化の違いを改めて感じた。

しかし、そうした経験がなんとも面白いのだ。
ラジオがちゃんと動かないことまで面白くなってきた。
そんなことに、近頃は妙な愛着まででてきた。

こんなところで、ヨーロッパと日本との文化の違いを感じるとは思わなかった。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 車の名義変更とネット | トップページ | 袋町のお店 F・I・L »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44420094

この記事へのトラックバック一覧です: フランス製の車と文化:

« 車の名義変更とネット | トップページ | 袋町のお店 F・I・L »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30