広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ブルガリア黄金文明展 | トップページ | 映画と巨大ビジネスとフェアートレード »

2009年3月 7日 (土)

ブルガリアの思いで

 『よみがえる 黄金文明展~ブルガリアに眠る古代トラキア秘宝展~』を見て29年前のブルガリア訪問を思い出した。
 
 1980年5月、5大陸を2台のトヨタ車で駆け廻り歴史や文化と市民生活を伝えるTBSの朝の人気番組『キャラバンⅡ(JNN28局Net)』の取材で1ケ月余の取材に出かけ、ブルガリア全土を走りまわった。

 当時のブルガリアはまだ社会主義国だった。東歐7ケ国の中でも石油エネルギーに電力など産業やライフラインも全てをロシアに依存するロシアの優等生だった。基本的にはどこに行っても大きなパンとヨーグルトにワイン、シシケバップ(日本流にはシシカバブー)と言う羊の焼き肉が出る農業国で、人懐っこい国民性は小話や謎なぞに落語?が大好きだった。
 『ソフィアのどこが好き…』『とんがり屋根の(共産党)建物よ!…』『共産党が見えないから…ハハハ!!』と言い放って陽気な一面を見せていた。

 日本とブルガリアの交流は以外に古く1939年に相互に公使館を設けた。’44年の共産政権の樹立で国交は中断したが’59年には再開し友好交流は意外にも盛んだった。第二次大戦中も敵対関係はなくODAの援助も米国に次ぐ大きい実績がある。  
 ソフィアには日本のODA支援で黒川紀章設計のホテル・ビトシャが建設され、東京のホテル・オークラとブルガリア政府が共同経営して、日本食も出来たのは驚きだった。

 取材に出かける前に面白いネタを仕入れた。戦前の駐在公使が持ち込んだ淡谷のり子さんの“雨のブルース”が人気となって日本人女性の名前を冠した“なみこ”というタイトルで大流行した…。
 同行したレポーターの岸ユキに行く先々でギター片手にブルガリア語で“なみこ”の流しをした。集まるは集まる、どこでの街角や公園でも当時4~60代、それ以上の人達の大合唱の輪が生まれた。「日本のテレビ?」と行く先々で歓迎された。帰国後はTBSのスタジオに淡谷さんを迎えて特集を組み高視聴率を獲得した記憶が蘇えった。

 取材はソフィアの観光紹介やソフィア大学での日本語講座、伝統的な家庭のヨーグルト作り、ドナウ川のフナ遊び、結婚式に民族的なおもてなしに「なみこ」は雨のブルースなど10本を毎朝15分前後、2週間にわたって放送し大きな反響を得た。

 取材先の小学校で木下蓮三さんの原爆アニメ「ピカドン」を上映したところ、人が溶ける場面で悲鳴を上げた女性の校長が上映ストップをかけた。誇張した表現ではあるがこれに近い事実があった…ことを説明すると『被爆者と広島市民にお詫びする』と、改めて再上映し、子供たちも涙を流しながら被爆写真をみて平和学習をした事は忘れ難い思い出だ。

 黄金文明展の日本開催が決まった頃にあったセンドフ駐日ブルガリア大使は広島開催を大変喜んでおられた。民主化の闘志で数学者だった大使は同じ数学者の秋葉市長の名前は早くから知っておられ広島との交流に期待を寄せ、来広の機会に面談して、核兵器の廃絶をはじめとする世界平和の実現に強い関心を示していた。
 昨年、EUに正式加盟したブルガリアは今後の民主化促進と経済対策が最大の課題だ。
原爆展の開催や核廃絶運動にも協力的で世界市長会議への参加都市増加は当面の課題だ。
 
 放送局に在籍中、20回を超える海外取材に出かけたが、退職後に出かけてみたい筆頭はブルガリアだった。体調を崩し今のところ長旅や海外旅行は難しいが、可能になれば何としても出かけてみたい最初の国だ。旅立ちを目標に元気を取り戻す為の散歩を頑張ろう…。

 <キャラバンⅡ ブルガリア編>~1980年~(10本)はDVD化して保存している。
 興味のある方はご一報ください。お貸しします。 E –mail: sasakitenmei@joy.ocn.ne.jp

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ブルガリア黄金文明展 | トップページ | 映画と巨大ビジネスとフェアートレード »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44235880

この記事へのトラックバック一覧です: ブルガリアの思いで:

« ブルガリア黄金文明展 | トップページ | 映画と巨大ビジネスとフェアートレード »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30