広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ここ? | トップページ | 「鞆の埋め立て」を巡る新聞の立場 »

2009年2月18日 (水)

カープフアンが親しむ南さんの「広島天国」

 広島を中心に全国で活躍している歌手、南一誠さんが今年30周年を迎える。昭和55年に「雨の湊から」でデビュー。1月には『広島市民球場支援「広島天国」30年感謝のつどい』が催され、4月には新曲をリリース、記念リサイタルも予定されている。
 南さんはこれまで数多くの曲を発売している。その中で全国区の歌は、なんといっても「広島天国」だ。広島の盛り場と広島カープが出てくるリズミカルなご当地ソング。広島に勤務したサラリーマンが、一杯飲みながら手拍子で覚え、次の転勤先で歌って浸透していった曲。
 もちろん、南さんが全国に行き、先々で歌ったことも手伝っている。インターネットで「広島を訪れた時に聴いたがどういう曲か」と問い合わせもあるほど耳に残る歌だ。
南さんにとってこの曲は“よさこい”バージョンを作ってフラワーフェスティバルに参加したり、さらに今年リメークするなど思い入れの強い歌になっている。広島カープに関連のある歌は昭和50年の初優勝以後たくさん誕生した。しかしこの曲ほど広く歌われていない。
 現球場五回終了時によく流れていた塩見治朗「それ行けカープ」、事埼正司(現加納ひろし)「燃えろ赤ヘル 僕らのカープ」、富永一朗、佐々木久子、有馬三恵子他広島カープを優勝させる会「カープ音頭」、平石重信と私設応援団有志「燃えろ赤ヘル」、柏村武昭「痛快赤ヘル音頭」、若宮彰「カープ讃歌」、東為五郎「ガッツだMr赤ヘル」、江夏豊「俺の詩」、山本浩二「ひとり」、高橋慶彦「君の声がきこえる」、山本譲二「星空の鎮魂歌」。ほかに南さんが参加した「選手別応援歌」を3回CD化されたり、カープの選手と東為五郎青春仲間「今が青春」、江夏豊作詞「さすらい星」などたくさんある。
 新球場にふさわしい歌が生まれ、大勢の人に親しまれ、球場で大合唱されてカープが優勝という、夢と感動を与える歌を期待したい。

 上村和博

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ここ? | トップページ | 「鞆の埋め立て」を巡る新聞の立場 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/44081307

この記事へのトラックバック一覧です: カープフアンが親しむ南さんの「広島天国」:

« ここ? | トップページ | 「鞆の埋め立て」を巡る新聞の立場 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30