広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 若手県議の“チラシ県政報告” | トップページ | “環境” »

2009年1月 5日 (月)

映画「おいしいコーヒーの真実」

 シネマクラブ・ひろしまの2月定例上映会の「おいしいコーヒーの真実」の試写をした。私はコーヒー党ではないが「コーヒーが貴方の口に入るまでの真相」を世界的な視点で
 追求したドキュメンタリー映画。いま、世界的規模で評判の映画だ。
 上映会:2月25日(水)14時~、26日(木)18時30分~横側の西区民文化センター

 カフェで注文した1杯のコーヒーの値段のうち、コーヒーを栽培する農家の手に渡る額が幾らになるか知っていますか。考えた事もないと言う人が大部分だろう。

 映画はコーヒーの原産国エチオピアで貧困に苦しむ農家を救おうとコーヒーの公正な取引を(フェアトレード)求めて奔走する男の活動を追う。
 コーヒーは世界で最も普及した飲み物で、世界中で1日に消費される量は20億杯になる。石油に次ぐ巨大な国際貿易商品で年間800億ドル以上の利益をもたらす。その反面、コーヒー生産者は食糧危機に見舞われ、貧困にあえぎ農園を手放す者が後を絶たない。
 何故だろうか?農家の販売価格が極端に抑えられている。

 1杯が330円のコーヒーの内、栽培農家の取り分は1~3%の3~9円。価格はNYとロンドンの先物市場で決まる。世界のコーヒー市場はネスレやP&Gなど4つの多国籍企業が独占し、先物市場を支配し、流通、焙煎、小売業者の取り分で97~9%を占めている。

 1989年まで「安定した価格を設定して国際価格が下がらないように、生産国に対して輸出量の制限を課す制度」があったが、界貿易機構(WTO)はこれを受け入れず,NY商品取引所が決めるコーヒーの先物相場によってコーヒー価格は決定され、投機の対象になった。
 従って利益を得る為に原料豆の価格が抑えられ、生産者の取り分が減り、栽培農家は生活できず農園を手放し、貧困と飢餓に苦しんで、年間700万人が食糧援助を受けている。

 だからNY先物価格が下落してもここで取り上げている「フェアトレード」は生産者に一定の輸出価格を保証する『公平かつ公正な取引』で自立し、援助からの脱出を目指す。

 先進国でコーヒーを楽しむ人とエチオピアでやせ細り生きる力を失ったコーヒー農家の子どもたち。相容れない二つの世界が示す現実を打破するものは「コーヒーの真実」を知った消費者たちが『フェアトレード』にどう協力するか、出来るかに掛っている。
 1杯のコーヒーの裏に隠された真実を見た。鑑賞推薦の良いドキュメンタリーだ。

 問い合わせ:シネマクラブ・ひろしま<082-293-1274:担当=勝田:広島映画センター内>会員募集中

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 若手県議の“チラシ県政報告” | トップページ | “環境” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画を横川シネマで観ました
良い映画でした

昨年から日本のポジティブリストとコーヒー豆の
残留農薬でエチオピアのコーヒー豆が輸入できなくなっています
同じ農薬でも国産のピーマンが2ppm、コーヒー生豆は0.02ppmでアウトです
http://smilecoffee.blog50.fc2.com/blog-entry-378.html
http://smilecoffee.blog50.fc2.com/blog-entry-306.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/43622081

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「おいしいコーヒーの真実」:

« 若手県議の“チラシ県政報告” | トップページ | “環境” »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30