広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« これも日本的デザイン? | トップページ | 総選挙・本番の年 »

2009年1月23日 (金)

元安川の渡り鳥

 平和大橋がまたぐ元安川に今年も鴨の群れが帰ってきて活発に餌をついばんでいる。
昨シーズンは24~5羽いたが今は未だ10羽前後だ。

12

 川がきれいになって餌も豊富なのだろう。石や崖についている藻や海苔?をこまめに食べている。海水でも淡水でも生息し貝や小魚なども食べているようだ。パンやクッキー等を投げやる人が近づくと寄ってきて食べる。
 水面を泳ぐのは上手いが潜ることはできない。水中に首を突っ込んだり逆立ちして餌をとる様子はよく見られる。

 鴨は渡り鳥で秋から春にかけて日本で越冬する冬鳥。つがいで過ごすのが特徴のようで春になると雄雌が連れ立って繁殖地に渡る。雄雌が交互に卵を温める鳥もいるが鴨は10個前後の卵を産んで抱卵と雛の育餌は雌だけが行うそうだ。
 冬鳥の仲間はツグミ、白鳥、鶴、ジョウビタキなど。
 日本で夏を過ごして繁殖もするツバメ等は夏鳥と言われている。
 シベリアなどで繁殖し東南アジアで越冬するため日本を通過・中継地にしているシギやチドリは旅鳥と呼ばれるようだ。

 太田川の支流にはそれぞれ鴨をはじめ多くの渡り鳥が飛来するようになった…と聞くが、元安川にも鴨以外の鳥も見かける。川鵜に青鷺の姿はほとんど毎日見かける。たまにカイツブリも姿を見せる。カモメは渡りをしないと思っていたがユリカモメは渡り鳥だと言う。

 平和公園にいるハトやスズメにカラスにもパンや菓子など与えている人が何人かいる。川の鴨たちにも同様に餌を播く人を見かけることがある。カラスへの餌付かはとんでもない。公園のごみ箱を荒したりごみ出しした袋を破るギャング的行為はこうしたカラスの仕業に繋がっているのではなかろうか?
 決して良いことではないので止めるように声をかけてみようかと何度か思ったがトラブルになってもいけないと思いとどまっている。
 元気で泳ぎまわる鴨たちが春までにどれだけ増えるのかどうか楽しみに毎日眺めている。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« これも日本的デザイン? | トップページ | 総選挙・本番の年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/43820206

この記事へのトラックバック一覧です: 元安川の渡り鳥:

« これも日本的デザイン? | トップページ | 総選挙・本番の年 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30