広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ‘08年回想「不安な越年」 | トップページ | 英語と日本語 »

2008年12月29日 (月)

嬉しい忘年会

 長年同じ職場で働いてきたAさんの掛け声で忘年会が開かれた。Rさんの娘さん夫婦が営む評判の蕎麦屋で開かれた会には14人が参加した。

 私はこの秋、肺に転移した癌を抗がん剤の投与で味も匂いも失って半日は寝たきり状態になった。思考力も薄らいで「人間らしさ」を全くなくした状態を脱するため“抗がん剤の中断”をブログで宣言して、長年お世話になっている十河医院の東洋医学による治療一本に切り替えた。
 幸い、味も匂いも回復し徐々に抗がん剤の投与前の状態を取り戻し、中断していた散歩も日課に復活させた私を元気付けようと集まってくれた…と知った。

 丁度この日、広大病院で抗がん剤中断後初めての血液とCT検査を受けた。3月ケ前より体重が2㌔増えているが、自覚症状としての病変は無く食べ物の味は大変良くこれ以上太らないように注意が必要だ。結果診断は1週間先になる。後刻報告したいと思っている。

 筑紫哲也さんと先輩でRCC夕方ワイドニュースの初代キャスターを務めた佐伯亨さんの二人が癌に倒れて急逝されショックを受けていた頃, 病後も何かと気遣いしてくれるAさんが「忘年会を開こう…」と声を掛けてくれたので「喜んで参加する」と答えて出向いた。
 
 診察に講演に多忙を極めるK医師夫妻、この夜も大分への講演会に出かける時間を2時間延ばして出席してくれた。何かにつけて激励してくれるブログ仲間のNさんやシネクラブの運営で力を貸してくれるUさんに憲法9条の会でリードしてくれるHさん。影絵展で中学生のワークショップに参加協力してくれるK先生、現役時代から国際交流や平和問題で付き合い頂いたK名誉教授、いま広島の平和問題を先頭でリードしているRさんと平和研のA所長。記者時代の先輩KさんにTさんの13人。

 「抗がん剤に頼っていては長生きできん、いい決断だった」とは癌経験のK名誉教授。会う度に元気になっている、少し太った、声の張りが良い…など力強い激励をいただいた。
 毎日散歩に出かけても知り合いに出会わない限り他人と言葉を交わさない日が何日もあることに気付いて唖然とする事がある。奥様に先立たれたK名誉教授は「誰とも話さない日が続く」という。寂しいとか悲しいのではない。ともすると悲観的になったりマイナス思考に傾いたりしてなかなか元気が出ない…のだ。
 友人が声を掛けてくたり、手紙やメールでの激励が嬉しくどれだけ元気が出るかは想像以上で、本当に有難い嬉しい忘年会だった。
 こんなに“穏やかな気持ちで元気にお正月が迎えられる”ことに感謝したい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ‘08年回想「不安な越年」 | トップページ | 英語と日本語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/43556716

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい忘年会:

« ‘08年回想「不安な越年」 | トップページ | 英語と日本語 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30