広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 交通需要予測と少子高齢化と地産地消 | トップページ | 国会議員と市長 »

2008年12月23日 (火)

違法駐輪と柵

広島市内どこでも、違法に停められる自転車の処理に困っている。
違法駐輪を排除するために、通常棒を渡したコーンを並べて、停められるスペースがないようにしている。
それでも置く人がいるのだろう、確実に排除するためにガードマンを置いているところもある。
違法駐輪は危険だし、あまり格好いいものではない。
でもこのコーンと棒はなんとも汚らしい。
置くにしても、もう少しなんとかならないもんだろうか。

1

先日お寺の入り口に木の柵が置かれているのを見た。
なかなかきれいなデザインだ。
これは日本人の知恵とセンスが作り出したデザインだ。
コーンと棒の代わりにこんなのを置いたらどうだろうか。
この程度の木材なら間伐材で充分だろう。
間伐材の利用の仕方としてもいいことだ。

2

京都の町屋には「犬屋来」が置かれている。
ウィキペディアには
「犬矢来は、家の壁や塀の、中程から裾にかけて、割竹や細い桟木を円弧状に曲げたり、真っ直ぐ斜めに並べたものです。いまでも花街に行くとよくみられ、京の風情を演出する大切なデザインになっています。
もともと「犬の放尿を防ぐ」というのが名前の由来のようですが、そのカーブで泥棒が塀を登りにくくなることや、建物の外壁の裾を、泥はねなどの汚れや損傷から守る役目や、道と家の敷地境界を示すなど、先に挙げた様々な問題の解決に活躍していたようです。「犬矢来」は可動式のものが多く、がばっ、とはずしてお掃除もできます。」
と書かれている。

3

これは柵として完成した美しいデザインだ。
こんな伝統美が日本にはある。
それに竹ならいくらでもある。
材料の調達には困らないだろう。

違法駐輪を排除するのも、臨時の処置だからといって、いい加減にしないで、何かこうした工夫が欲しい。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 交通需要予測と少子高齢化と地産地消 | トップページ | 国会議員と市長 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「犬矢来」というのですか。
昭和30年代、老舗の旅館に「犬矢来」がしてありました。
私は、飾りなのだと思っていました。
子ども心に「きれいだな~」と思っていました。
実用から生まれた「美」だったんですね~。

昭和40年代に入り、高度経済成長のもと、この綺麗な旅館は全国チェーンの大型スーパーに変わりました・・・。

趣旨には賛同しますが、やはり公共交通機関や自転車などの低炭素社会に相応しい乗り物が本当に便利にならないといけないと思います。
脱車社会に向けた再編が必要だと思います。

はじめまして!

市内の違法駐輪は、本当に困りますよね…
ローソン前に停められなくなった途端、今度はみんなサンマルクカフェの前に停めるようになりましたし。

市内にいくつか駐輪場はあるけれど、無料の駐輪場がなかなかないせいもあるのかもしれないですね。

違法駐輪も困るけれど、アーケードの中を自転車で乗り回す行為も本当に危ないし、なんとか良い解決策があるといいのだけれど…といつも思います( ´・ω・`)

かおりん様

「犬矢来」
私もそのいわれをきちんと知るまでは飾りだと思っていました。
綺麗ですよね。
広島ではもう犬矢来をみかけることはありません。
残念ですね。

太郎様

仰る通りです。
脱車社会への仕組みをどうするのか、今考えねばいけませんね。

sammy様

そうですね。
こんどはサンマルクの前が違法駐輪であふれています。
なんかモグラ叩きをしているみたいですね。

アーケードの中を走り抜ける自転車は、ほんとうに怖いですね。
脇をサーッと通り抜けらると、ビクッとします。

時々係員が出て、注意しているせいか、近頃はそれも大分減ったように感じます。
やはりそうした努力が必要なようです。

sammyさんのブログも見させていただきました。
かわいらしいブログですね。
一生懸命勉強してください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/43498813

この記事へのトラックバック一覧です: 違法駐輪と柵:

« 交通需要予測と少子高齢化と地産地消 | トップページ | 国会議員と市長 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30