広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 追悼・佐伯亨さん | トップページ | うらら就航 »

2008年12月 8日 (月)

首相のダブルKY・政局の行方?

 一国の首相がこんなにも簡単に揶揄?されたことがあっただろうか。

 KYと言えば“空気が読めない”…その場の空気・雰囲気・状況が理解できない…人の代名詞として今年の流行語になっている。
 所が、いま麻生首相に被せられているKYは『漢字が読めない』のKYだ…。
 週刊誌の公告の見出しには「学習院・先輩も見限った…」などと賑々しい宣伝が目立ちテレビのインタビューに現役の学習院大の後輩は「ちゃんと学生をしていたの?」と発言。

 就任前から心配されていたのは軽口や失言癖が指摘されていた。
 しかし、漢字が読めない等と誰が予想しただろう。
 “踏襲”や“未曾有”“頻繁”“煩雑”は中学生レベルだが国語の専門家が「漢字にルビをふる」運動?を提案するなど、些か程度の低い揶揄が飛び交っているように思う。

 全国知事会の席上で地方の医師確保策を問われて「(医師は)社会的常識がかなり欠けた人が多い」と発言し、会議後の会見で撤回したものの、自民党の集票マシンであるはずの日本医師会から強い抗議を受けている。

 「2兆円給付金」を巡っても「対象は全世帯…」が、いつの間にか「お恵み」「ばらまき」と不評の声に所得制限の設定から自治体任せで丸投げし、経済対策の芯が通らなくなった。
 政府が保有する郵政株の売却や道路特定財源の一般予算化を巡っては党内の郵政・道路族の議員からも激しい反発の声が出る様。
 発言の都度、異論が聞こえると歩調を合わせる姿勢は「弱小派閥」に対する対応だけではなさそうだ 。総理自身が“国会や国民の空気が読めない“KYと言えよう。

 政府が第二次補正予算案を出さないなら補給支援特措法改正案の採決に応じないと言う民主党の対応に国会は混迷をし始めている。
 早期解散…を謳って着任したはずの麻生内閣は当面先延ばしに出て支持の低迷が続き、マスコミ各社の世論調査は早くも支持率と不支持率が逆転している。

 KYパンチの内閣は安倍・福田内閣より早いテンポで瓦解に向かっている…のでは?なかろうか。自民党内の解散総選挙はさらに遠のいているようだが、国民の気分は『自民党離れ…自滅』の意向が一層早まるのではなかろうか…。

 KYは今や麻生首相にとって間違いなくWパンチだ。今後の政局動向が注目される。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 追悼・佐伯亨さん | トップページ | うらら就航 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/43348090

この記事へのトラックバック一覧です: 首相のダブルKY・政局の行方?:

« 追悼・佐伯亨さん | トップページ | うらら就航 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30